【333 Shooting Range Mae Rim】チェンマイ・メーリムで実弾を撃ってきた!|タイガーキングダム至近のスリル満点アクティビティ

マーク


タイ王国第二の都市チェンマイには、日本ではなかなか体験できないようなアクティビティがたくさんあります。ゾウに乗ることができたり、トラと直に触れ合ったり・・・。

今回はその中のひとつ、実弾を撃つことができる射撃場「333 Shooting Range Mae Rim」に行ってきました。日本で実弾を撃つような機会はそうないので、海外旅行ならではの体験でした!

アクセスやシステム、実際に体験してみての感想などシェアしたいと思います。

★ 333 Shooting Range Mae Rimのアクセス

チェンマイ旧市街の北に位置するメーリム郡には、体験型のアクティビティスポットが数多くあります。今回ボクはチェンマイ旧市街からソンテウをチャーターし、首長族(Long Neck Karen)の村 → タイガーキングダム → 射撃場 333 Shooting Range Mae Rimの順に、約半日かけて回ってきました。

他にもこのエリアには、ゾウ乗り体験ができるメーサーエレファントキャンプや、蛇のショーが見られるスネークファームなどもあり、その気になれば一日中楽しめるスポットが目白押しです!

333 Shooting Range Mae Rimまでは、チェンマイ旧市街からソンテウで約30分でした。タクシーを使えばもっと早く着けると思います。

トラのイメージ

【タイガーキングダム】チェンマイ旧市街から車で30分!|トラと触れ合えるインスタ映え間違いなしのタイ最新アクティビティスポット

2019年5月22日
Long neck karen

【チェンマイから車で30分】Long Neck Karenの村 – あの首長族に会える!|少数民族ならではの複雑な事情もある観光村・・・。

2019年5月22日

★ まずは受付で銃を選ぼう

受付

こちらが射撃場 333 Shooting Range Mae Riの入り口です。射撃場とは思えないほど綺麗で明るい雰囲気でした。施設自体も割と新しいようです。

実はチャーターしたソンテウ運転手のおじさんに勧められたアクティビティスポットだったのですが、見せられた写真が色あせていたので、とんでもないオンボロ施設に連れて行かれるのではと内心ビビっていました(笑)

受付

写真の角度が悪いのですが、施設の入り口に受付があるので、まずはここに立ち寄りましょう。本当に射撃場なのか疑わしいほど可愛らしい女の子たち(中学生くらい?)が迎えてくれます。

BERETTA 92FS

受付でははじめに自分が使う銃を選ぶことになります。銃の写真が載ったプレートを複数渡されて、そこから選ぶことになりますが、ボクはまったく詳しくないのでパッと見で選択。

その後、サラッと(本当にサラッと・・・)システムを説明してくれました。30分間で30発まで撃つことができ、料金は1,700TB(日本円で約6,100円)とのこと。そのままそこで精算を済ませます。

★ 実弾を撃ってみる!

射撃場入り口

手続きが完了すると、受付の奥に続く道から射撃場まで移動。受付をしてくれた女の子と、ボクと同じく観光客であろうカップルと一緒にすぐ隣の建物まで歩いて向かいます。

射撃場の入り口でヘッドフォンとゴーグルを渡されました。この先でスタッフの方に簡単な説明をされるので、まだヘッドフォンは着けないでおきましょう!

射撃場

射撃場はこんな感じ!映画やドラマでよく見るやつだ!と一人でテンションが上がってしまいました。

受付で選んだ銃をスタッフの方が持ってきてくれ、弾込めまでやってくれるので、まったくの初心者でも心配はありません。絶対に弾が入った状態で銃を降ろさないよう注意されました。うっかり引き金を引いてしまったら大事故ですもんね・・・。

ヘッドフォン&ゴーグルを装着したら、的に向かって実弾を撃ちましょう!

射撃場

ボクが使ったのはそれほど大きくないハンドガンですが、手が痺れるほどの衝撃・・・!銃を撃つってこんな感じなのかと考える間もなく、付いてくれているスタッフさんが「もっと上だ!腕を固定しろ!!」とアドバイスしてくれて、どんどん撃っていきます。

的はおよそ10mほど離れているでしょうか。この距離ならバスバス当たると思っていましたが、早すぎてどこに飛んだのか見えません・・・(笑)

ひたすらに撃ち続け、30分もかからないくらいで30発を撃ち切ってしまいました。手はビリビリ痺れていましたが、なんとも言えない達成感!日本ではなかなかできない体験を楽しむことができました。

撃ち終えたら・・・撮影タイム!

撮影タイム
撮影タイム

射撃スペースの斜め前方にはスマホを取り付けられるクリップがあり、射撃をしているあいだの動画を撮ることができます。

写真は撃っているあいだは撮れませんでしたが、全弾撃ち終わったあとにスタッフの方がスマホで写真を撮ってくれました。やや気恥ずかしい思いをしつつ、弾の入っていない銃を構えてポーズをとり、いろんな角度から写真を撮ってもらいます。

的

最後には自分が撃ち抜いた的をお土産に渡してくれました。

撃っているときにはわからなかったものの、思いのほか当たっていてびっくり!スタッフの方のアドバイスが適切だったということですね(笑)

★ 333 Shooting Range Mae Rimの基本情報

店名 333 Shooting Range Mae Rim
住所 1096 Tambon Rim Tai, Amphoe Mae Rim, Chang Wat Chiang Mai 50180
営業時間 9:00〜17:00(土曜日は17:30まで)
料金 30分間 30発で1,700TB(日本円で約6,100円)

333 Shooting Range Mae Rimはタイガーキングダムや首長族(Long Neck Karen)の村にも近く、体験にそれほど時間もかからないので、他のアクティビティとセットで回るのがおすすめです!

日本ではなかなか体験できないスリル満点のアクティビティに、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。