Thee Chang Thai(スィー チャン タイ)|チェンマイ・ナイトバザール至近のホテルでプチリゾートステイを楽しむ!

ホテル外観


★ Thee Chang Thaiのアクセス

Thee Chang Thai(スィー チャン タイ)はチェンマイの見どころのひとつ、ナイトバザールから徒歩約10分の位置にあります。チェンマイ国際空港からはタクシー利用で約15分といったところでしょうか。

大きな通り沿いではないため、ホテルのある通りが暗いのは気になりました。治安が悪いとは感じませんでしたが、野犬がいたりと少し怖い雰囲気・・・。

ホテル外観

ホテル外観です。リゾートホテルのような涼しげな佇まいですね。ホテルロビーと外部を遮る壁・扉がないので、とても開放感のある雰囲気でした。

セキュリティ的にどうなんだというのはありますが、それだけ治安が良いということでしょうか。

ホテルフロント

ホテルに入ると正面にフロントデスクがあります。金ピカです。到着は22時頃と遅めでしたが、すぐにホテルスタッフが迎えてくれました。

チェックインはウェルカムドリンクとともに

ロビー

さっそくチェックイン、ロビーにあるソファーを勧めてくれます。座りながらのチェックインだとリゾート気分も盛り上がりますね!

今回は予約が手軽で登録施設数も多いBooking.comを使って予約しており、現地での支払いです。チェックイン時の支払いだったので、クレジットカードでお願いしました。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクも出してもらえました。何かはわからないものの、めちゃくちゃ美味しい・・・。

チェックインが終わるとフロントスタッフの方が客室まで案内してくれます。

★ 館内の様子

バー

フロントにはバーもありました。チェックイン時にはここのバーの割引クーポンをもらえるので、ホテルステイを楽しむのに使ってみてもいいかもしれませんね!

さらにバーの後ろにはプールも!この時間にはすでに営業時間外でしたが、朝から夜20:00くらいまでは営業しているようです。ホテルのプライベートプールは混雑することもないし、中長期滞在をするならおすすめ!

★ 客室情報

EVホール

今回の客室は5階でした。素敵な雰囲気のデザインですね。

廊下

客室までの廊下がこちら。エントランス同様、外との仕切りがないので開放感があり、夜風が気持ち良かったです。

客室前

お部屋は角部屋でした。客室前にはリラクシングチェアがあり、ここでのんびりするのもよさそうです。

客室

客室内はこんな感じ。どことなくリゾート調の優しい色使いですね。

客室
客室
アメニティ

バスルームの様子

バスルーム

バスルームも南国感のあるタイルで素敵な雰囲気!清掃も行き届いていて、とても清潔でした。

バスルーム

洗面台の鏡を開けるとベッドルームと繋がります!

アメニティの種類はそれほど多くありません。歯ブラシやクシなどはありませんでしたので、持参する必要がありますね。ドライヤーはやや小ぶりでしたが置いてありました。

シャワー

バスタブはなしで、シャワーブース形式です。シャワーはヘッドが動かせないという点は残念でしたが、水圧は十分で、ストレスなく使うことができました。

シャワー
シャワー

シャワーブースの境目にしっかりめのでっぱりがあります。おかげでシャワーの水が外に流れて床がビシャビシャというあるあるな事態は回避できました。

★ 朝食

プール
朝食会場へ

朝食会場はフロントとプールの間を抜けた、隣の建物の1階です。営業時間はAM6:30〜10:30と長めに設定されているので、早くから動きたい方も、のんびり過ごしたい方も問題なく利用できそうですね。

朝食会場

朝食はバイキングメインでした。例に漏れずここも外との仕切りはないので、虫除けのカバーが料理に掛けられています。

ボクは朝から首長族の村やタイガーキングダムに行きたかったので、AM6:30に行ったところ、まだ誰も来ていませんでした。チェンマイ観光を通じて思いましたが、地元の方、観光客問わず、ゆったり過ごしている人が多いような気がします。

朝食メニュー
朝食メニュー
朝食メニュー

料理の方は種類・量ともにやや少ないのですが、南国らしくカットフルーツやジュースは珍しいものも含めていろいろ用意されています。

朝食メニュー
朝食

バイキングメニューに加え、メインメニューを1品、注文を受けてから作ってくれます。アメリカンブレックファスト、サラダ&ライスヌードル、豚肉の炊き込みご飯、パンケーキから選ぶように促されました。

出来立ての料理を食べられるのは嬉しいですね!ボクはパンケーキを頂きましたが、小さめではあるものの、ふんわり美味でした。

★ Thee Chang Thaiのまとめ

Thee Chang Thaiのまとめ
今回の宿泊費・・・TB1,240(日本円 約4,257円)
立地・アクセス・・・★★☆☆☆
付帯施設   ・・・★★★★☆
客室     ・・・★★★☆☆
清潔感    ・・・★★★☆☆
サービス   ・・・★★★★☆

※宿泊費から鑑みて&ボクの主観での評価です。

今回の宿泊費にはBooking.comのGenius会員割引10%OFFが適用されているので、一般料金よりは若干お得に予約ができています。Booking.comは世界中に登録施設があり、Genius割引が適用される施設も多いので、特に海外旅行をされる方は要チェックの予約サイトですね!

立地・アクセスが低評価なのは、空港から遠いという点と、やはりホテルのある通りが暗く、野犬もうろついていたという治安面の不安から・・・。

今回写真はありませんが、プールやバーの他にもちょっとしたジムもあるなど、この価格を踏まえれば設備にもケチのつけようがありません。客室のエアコンやドライヤーはやや古いものでしたが、使用には何ら不備はありませんでした。

清潔さという観点では、清掃は行き届いているものの、開放感重視の構造からか朝食会場や、油断すると客室にも虫が入ってきてしまうというネックがあるから。ボク自身は「うっとうしいな・・・」程度でしたが、苦手な人は苦手ですしね。

とはいえ、サービスは何の不足もありませんでしたし、中長期でゆっくりホテルステイを楽しむという方には申し分ない価格&クオリティだと思います。

Thee Chang Thaiの基本情報

住所 Road Soi 2 T.Hanyya A.Mueng Chiang Mai
電話番号 095-362-4522
Email Info@theechangthai.com
公式HP http://www.theechangthai.com/
IN・OUT チェックイン 14:00 | チェックアウト 12:00
クレジットカード VISA/Mastercard
ネット環境 館内Wi-Fi無料
館内設備・サービス プール/ジム/バー/自転車レンタル(有料)/ツアーデスク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。