【チェンマイ最高のコーヒー】Ristr8to – ニマンヘミン通りの大人気カフェ|世界的バリスタのラテアートが見事な絶品ラテ!

SATAN LATTE


チェンマイにはカフェが多く、世界中から集まったノマドワーカーたちがラテを飲みながらPC作業をしている光景もよく見かけます。そんなカフェ激戦区とも言えるチェンマイの中でも、世界的な大会で何度も賞を獲得している絶品ラテが味わえるのが「Ristr8to」です。

Ristr8toはチェンマイにいくつかの店舗を展開していますが、その中でも今回は本店と言える「Ristr8to ORIGINAL」に行ってきました。

1. Ristr8toのアクセス



Ristr8toはチェンマイきってのお洒落ストリートであるニマンヘミン通りに面しています。ホテルやホステルが多いエリアでもあるので、宿泊先によってはすぐ近くということにもなりそう。

ボクも宿泊していたニマン マイ デザインホテルから約200mと、アクセスがものすごくよかったので、閉店も近くなった17:00頃に駆け込みで訪問しました。

ベッド

Nimman Mai Design Hotel Chiang Mai – ニマン マイ デザインホテル チェンマイ|ニマンヘミン通り至近・シルクロードがコンセプト!

2019年5月23日
Ristr8to外観

外観はこちら。黒をベースにしたスタイリッシュなデザインで、ラテの味にも期待が高まります。有名店ということで行列があるかもと覚悟していたのですが、閉店が近いからかスムーズに入ることができました。(店員さん曰く、午前中の方が混むとのこと)

Ristr8to外観

よく見ると、入り口の看板にはコーヒー豆の産地までの距離と方角が書かれていますね。

Ristr8to看板

「ICED COFFEE KILLS BARISTA」=「アイスコーヒーはバリスタを殺す」という、なかなか刺激的な表現(笑)それだけ自分たちの提供する品にこだわっているのでしょうね!

2. 店内の様子&注文

店内の様子
店内の様子
店内の様子

店内もやっぱり黒が主体でクールな印象を受けますね。入ると空いてる席に座るよう促され、カウンター近くの席を選びました。席は全部で30席ほどで、ボクが入ったときには5席ほど空いていたでしょうか。

メニュー
メニュー

席に着くとメニューブックを持ってきてくれました。デザインもお洒落なメニューブックですが、すべて英語で書かれているので、地元のタイ人よりも観光客の方が多いのであろうことがうかがえます。

メニュー

一般的なラテメニューも用意されていますが・・・。

メニュー

やっぱりここではSIGNATURE COFFEE(シグネチャーコーヒー)でしょう!ボクはコーヒーに詳しいわけではありませんが、大会で賞を取っているようなお店の自信作ということなので、迷ったらここから選ぶのがおすすめ。

メニュー

いずれも細かなデザインのラテアートが施されており、どれも気になるところですが、今回は左上にある「SATAN LATTE」にします。決まったら店員さんを呼んでテーブルで注文。

3. ラテアートが見事な絶品ラテ!

SATAN LATTE
SATAN LATTE 98TB(約350円)

待つこと5分ほどで注文したラテが到着!SATANという名が付いていますが、天使のように見えるラテアートは繊細なデザインで思わず声が漏れるほど美しいです!

プレートやカップのひとつにもこだわりを感じ、ラテそのものはもちろん、全体でひとつの作品になっている印象でした。

SATAN LATTE

もちろんデザインばかりでなく、味も絶品!深みと苦味があり、濃厚な味わいでした。カップも大きいので、この値段(約350円)で飲めるのはとってもお得!

ちなみに店内はWi-Fiがあるのですが、混雑していて照明も少し暗めになっているので、あまりPC作業をしたり、のんびりするのには向かないかもしれません。純粋に美味しいラテを楽しみに行くのがよいかも!

4. Ristr8toの基本情報

水のボトル
店名   Ristr8to ORIGINAL
住所   15/3 Nimmanahaeminda Road, Tambon Su Thep, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200
営業時間 7:08〜18:08
電話番号 +66 53 215 278
公式HP https://www.ristr8to.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。