【北大行】台北信義区の地元民に愛される小籠包!混雑必至なのでご注意を|信義安和駅から徒歩約10分


今回は台湾人同僚に勧められて行ってきた小籠包レストラン「北大行」をご紹介します。

最寄りの駅から少し遠いものの、地元民に長く愛されているお店なだけあり、小籠包の味は絶品でした!

1. 北大行へのアクセス



北大行があるのは台北市信義区です。

信義エリアというと、高級デパートや高級ホテル、高級マンションが立ち並び、とにかくお洒落で物価が高いというイメージでした。

しかし、北大行があるのは信義区とはいっても、そういうエリアではなく普通の街並みの中。

最寄りのMRT信義安和駅からは徒歩約10分と、少し歩く必要があります。

外観

こちらが北大行です!

北大行は光復南路という大通りに面しており、目立つ赤い看板なのですぐ分かると思っていましたが、周りに飲食店が多く、意外と見落としがちかもしれません。

少なくともボクは見落としました!!

2. 店内の様子

店内の様子

さっそく店内に入ると、店員のお姉さんが空いている席に通してくれます。

ボクが入店したのは午後5時になったばかりで、夕食にはやや早い時間でしたが、すでに店内はこのような賑わいに…!

この後も続々と入店があり、あっという間に入店待ちが出始めていましたので、時間をロスしたくない方は早めに訪れるのが良さそう。

厨房

座席のそばには小籠包用のセイロが高く積まれていました。

ここでも調理をするのかなと思いきや、実際には奥の厨房で調理は完結するようです。

3. メニューと注文方法

メニュー

こちらがメニュー表です。

台湾では一般的なもので、ジャンルごとに分かれているメニューを見て、欲しい料理の横に数量を書きます。

残念ながら日本語のメニューはありませんでした。

メニュー

ただし、全てではありませんが写真付きのメニューもあり、これである程度は分かると思います。

ボクらは定番の小籠包、豆沙大包、元盅牛肉湯と麺、無骨雞腿(小)を選択しました。

合計670元と、二人で行ったにしては少し頼みすぎたかも……。

いちばんのレンゲ

注文するものが決まれば、書き込んだ伝票を店員さんに渡すだけでOK!

待っているあいだに器の準備をしていたら、なぜかレンゲに「いちばん」の文字が……。

4. 地元で愛される小籠包を実食!

小籠包

待つこと5分、最初にお目当てだった小籠包が到着!

一つ一つがなかなか大ぶりで、けっこうインパクトがありました。

小籠包

小籠包の下に敷いてある白いのが布製だと、何となく観光客向けのお店ではない気がします。

勝手なイメージで、たぶんそういうわけではないでしょうけど。

小籠包

モチモチで少し厚めの皮の中には肉汁がたっぷり!

見た目通りの食べ応えで、同僚の高評価も納得の絶品でした。

鶏肉

続いて到着したのは無骨雞腿(小)です。

おそらく茹でた鶏肉を紹興酒とニンニクを使って味付けしたメニューですね。

骨は取り除いてあって食べやすいですが、お酒の風味はけっこう感じるので好き嫌いはあるかもしれません。

スープ&麺

お次は元盅牛肉湯と別添えの麺です。

定番の台湾料理「牛肉麺」の麺が別添え版なのですが、二人だから分けやすいようにこういうメニューがあるのでしょうかね。

小分けにして食べるのは、色々頼んでシェアする中華料理のスタイルに合っている気がします。

牛肉スープ

この元盅牛肉湯は、お肉のだしがしっかり出ている濃厚なスープで、麺無しでも十分に美味しかった!

お肉もしっかり煮込まれていて、柔らかいだけでなく、味も染み込んでいる逸品。

個人的には、このスープだけでもわざわざ来る価値がありました。

今回は二人で行ったにも関わらず、調子に乗って頼みすぎたため、豆沙大包はテイクアウトせざるを得ず……。

でもこのような時に気軽にテイクアウトができるのは、台湾のレストランの良いところですね。

5. 北大行のまとめ

看板

今回ご紹介した「北大行」は地元の方に人気というだけあり、小籠包はもちろん、それ以外のメニューも外れ無し!

混雑必至&日本語メニューが無いという難点はありますが、時間を外して訪れればゆっくり注文することもできると思います。

地元の方中心とはいえ、観光客も訪れる人気店ですから、お店側も対応に慣れている感じがしました。



北大行のまとめ

 ロケーション
最寄り駅からはやや遠い…

 味
地元の人に人気なのも納得の味!

 価格
観光客価格ではないが、人気店価格

 日本語は通じる?
通じないし、日本語メニューもない

 一人でも楽しめる?
家族・友人連れが多い

 オススメ度
短期旅行では難易度高いが、味は絶品!

北大行の基本情報

店名 北大行
住所 110台北市信義區光復南路427號
営業時間 火~日曜 11:00〜14:00 17:00〜20:30
定休日 月曜日 ※例外あるのでFacebookで要確認
電話番号 +886-227-299-370
ホームページ(Facebook) https://www.facebook.com/%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%A1%8C%E5%B0%8F%E7%B1%A0%E5%8C%85-205295169524217/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です