【沾仔記】おすすめ香港グルメ 海老ワンタン麺!ミシュランに掲載された中環の人気レストランへの行き方&店内の様子

沾仔記


「沾仔記」はミシュランから「ビブグルマン(コスパのいい旨い店)」に認定されている海老ワンタン麺の名店です。

定番メニューのひとつであるワンタン麺は香港中で食べることができますが、どうせなら名店で食べてみたい!

ということで、やや強行軍になってしまいましたが、実際に「沾仔記」へ行ってみました。

1. 沾仔記へのアクセス



沾仔記は香港島側の中環エリアに位置しています。

MRT中環駅から歩いて向かうと坂道が多く、そこそこしんどい道のり……。

ですが、中環駅前から利用できる「ミッドレベルエスカレーター」を利用すれば楽々アクセスすることができます。

ミッドレベルエスカレーターは中環のビジネスエリアと、山の中腹にある住宅街「ミッドレベル」地区を結ぶ超長距離エスカレーター。

沾仔記もこのミッドレベルエスカレーター沿い。

エスカレーターの最初の中継点である「威霊頓街」のほど近くにあるので、すぐそばまで行くことができます。

沾仔記の外観

すごくわかりづらいですが、上の写真に小さく看板が出ています。

「沾」の字だけ大きく書かれた赤い看板!

ボーッとしていると見逃してしまいそうなので気をつけましょう。

沾仔記の外観

道路の反対側を歩いていると割とわかりやすいですね。

ボクは前日に沾仔記のことを知った(泊まっていたホテルのスタッフさんに教えてもらった)ので、無理やりスケジュールに組み込んで14:50に到着。


↓↓↓めちゃくちゃ狭いけどアクセス良好なおすすめホテル↓↓↓

mini hotel central

mini hotel Central – ミニホテル セントラル|香港の超狭小客室!中環の意外と快適な安宿はピークトラムも徒歩圏

2019年3月1日

行列ができると聞いていましたが、これだけお昼時を外すと空いているよなと思いつつ入店すると……。

店内の様子

店内はまさかの満席!さすがに人気店ですね……。

ボクはボックス席に相席させてもらう形ですぐ案内してもらえましたが、カップルのボックス席に一人放り込まれるのはさすがに気まずい(笑)

韓国人の若いカップルが快く受け入れてくれたので救われました。

店内を見回すと欧米からのお客さんも多く、国内外で評判のお店であることがうかがえました。

2. 注文

メニュー

沾仔記のメニューはシンプルで、基本はワンタン麺、魚のつみれ団子麺(中華圏ではよく見かけますね)、牛肉麺の三種類です。

麺単品で32香港ドル(約450円)と、香港では特別安くはないものの、観光客価格というほど高くもない良心的なお値段。

それらを組み合わせて注文することもできるようですが、ほとんどの人はワンタン麺一択の様子でした。

ボクもそれにならってワンタン麺をオーダーすることに。

メニューには日本語表記もあるので、近くの店員さんを捕まえて指差し注文で問題ありませんでした。

3. 絶品海老ワンタン麺を実食!

沾仔記の海老ワンタン麺

待つこと数分、海老ワンタン麺が到着!

スープが隠れるほどボリュームたっぷりの麺に面食らいます(麺だけに)

というか、スープの上に麺が出てるのって盛りすぎなのでは…と思ったり。

やや細めの縮れ麺ですが、コシがあり食べ応えがあるので、空腹の時に行かないと食べきれないくらい。

沾仔記の海老ワンタン

海老ワンタンはレンゲからはみ出さんばかりのサイズで3つも隠れていました!

プリプリの大ぶりな海老が入っており、あっさりめのスープとの相性も抜群です。

噂に違わぬ絶品でありながら、日本円で500円を切る価格はたしかにコスパ良好と言えますね。

さすがにミシュランの「コスパのいい旨い店」認定は伊達ではない!

常に混雑しているのでのんびりするには適さないですが、サバサバしつつも人の良さが垣間見える店員のおばちゃん達にも好印象な名店でした。

4. 沾仔記の基本情報

店名 沾仔記 Tsim Chai Kee
住所 98 Wellington St, Central, 香港
営業時間 09:00〜21:15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です