【香港ならではの超狭小客室】mini hotel Central – 中環エリアで衝撃的に狭い!でも心地よい??|ピークトラム駅徒歩圏でアクセス良好

mini hotel central


香港は人口に対して土地が少ないこともあり、地価がとても高いです。ホテルの宿泊費も高く、ボクの感覚では東京とほとんど変わりません。そんな香港ならではの、超狭小客室が売りのホテルに泊まってきました!

1. mini hotel Centralのアクセス



中環駅

mini hotel Centralはその名の通り、中環(Central)エリアに立地しているホテルです。香港MTR 中環駅が最寄りなので、香港島の横断にも、九龍半島からのアクセスにも便利。中環駅のD1 or G出口から地上に上がり、徒歩約5分の距離にホテルはあります。

ただし、坂道の多い中環の例に漏れず、mini hotel Centralへの道も中環駅からだと上り坂・・・。なかなかハードな角度でしたので、荷物の多い方は行きだけでもタクシー利用がおすすめです。

外観

こちらがmini hotel Centralの入口。坂道を登ったあとは階段を登ることになりますが、ドアマンがいるので荷物を持って上がるのは手伝ってくれるでしょう。

2. 館内の様子

館内の様子

ロビーは「mini」という割には広々としており、ソファや椅子が多く設置されています。どれも座り心地が良く、のんびり寛いでいるゲストが見受けられました。

館内の様子

人をダメにするやつもあります。坂道を登ったあとにあのクッションを使ってしまったら立ち上がれない自信があったので、後ろ髪引かれながらチェックインに向かいます。

ロビーからの景色

mini hotel Centralは坂道の傾斜のなかに立っているので、目の前の道路も坂。上の写真はちょうど香港のレトロ可愛いバスが下ってきたところ。

自動販売機
アメニティ類
アメニティ類

ロビーには自動販売機もあります。と言っても、飲み物を売っているわけではなく、アメニティやお菓子専用なようでした。

キーケース&預かり証

フロントカウンターは写真を撮り損ねてしまいましたが、入口入ってすぐ左にあるので、始めに立ち寄りましょう。

到着時に精算を済ませるとカードキーをもらえます。ボクが到着したのは宿泊日の早朝だったのでチェックインはできませんでしたが、荷物預かりはしてもらえます。

3. 客室情報

ホテル廊下

チェックイン時間に戻り、さっそく客室フロアへと上がります。白を基調にした廊下は清掃も行き届いているようでした。

ホテル廊下

事前情報で客室が狭いことはわかっていたものの、ロビーや廊下は普通のホテルと何ら変わらない広さだったので、「実はそれほど狭くはないんじゃないか?」と、この時点では期待をしていました。

客室扉

不安と期待の入り混じる不思議な気持ちで客室のドアをオープン・・・!!

衝撃の狭さ・・・でもなぜか心地よいサイズ感

客室
▲ ソロ シングルルーム(7㎡)

・・・・・・めっちゃ狭い(笑)もしかしたらの期待を抱いていた分、衝撃が大きかったです。この写真はアップで撮っているわけではなく、客室入口から撮影したもの。部屋全体を写せないほど狭かったです。

写真だと少し分かり辛いですが、ベッドの脇は全面鏡張り。少しでも奥行が感じられるようにという演出でしょうか。その効果はさほどありませんでしたが、身支度する上では大きい鏡は便利でした。

客室

振り返るとこんな感じ。余分なスペースは一切ないですが、意外と衣類を掛けるフックなどは充実していますね。

空調&電気の調節

いちおう個別空調が使えるようですが、狭いせいか少し肌寒いくらいに冷房が効いていました。

隠しテーブル

ベッドのすぐ脇にはコンセントが2口と折り畳み式のテーブルがあります。

隠しテーブル・改

広げるとこう!やっぱりスペースが狭い分、テーブルも広げても小さいですね。ただ、食事を取ったりするには十分な広さでもあります。

ちなみにこのテーブルを広げっぱなしだと、部屋の奥にあるバスルームと部屋の入口を遮ってしまうので、使わないときは畳んでおく必要がありました。

バスルームの様子

トイレ

バスルームは正面にトイレがあります。ウォシュレットは付いていませんが、清掃はきちんとされていて使用には不都合ありません。

洗面台

流しもミニサイズ(笑)蛇口全開にすると水が溢れんばかりになるので注意!

シャワー

こっちがシャワーブース、もちろんバスタブはありません。備え付けられているのはシャンプーだけなので、必要なものは持参するか、ロビーの自動販売機で購入しなければいけません。

その他無料アメニティはありませんが、ドライヤーと電気ポットだけは用意されています。スペースがないので枕元に置かれています。

4. mini hotel Centralのまとめ

キーケース

mini hotel Centralは名前の通り、衝撃的な狭さの客室でした。分かってはいたものの、なかなか日本のホテルには無い狭さかもしれません。

ただ、日本のカプセルホテルのように圧迫感を感じるほどの空間ではなく、ほどよい狭さゆえにベッドの上から動き回らずに過ごせるという謎の快適さもありました(笑)香港島側の観光拠点としては中環駅にも近く、アクセス面では悪くない評価ができるかと。

徒歩数分のダデルストリートには、 「冰室(ピンサッ) 」という昔ながらの喫茶店スタイルを再現したスターバックスもあります。香港ならではのスタバで朝食というのもいいですね!

mini hotel Centralのまとめ
今回の宿泊費・・・(日本円 約9,812円)
立地・アクセス・・・★★★★☆
付帯施設   ・・・★☆☆☆☆
客室     ・・・★★☆☆☆
清潔感    ・・・★★★☆☆
サービス   ・・・★★★☆☆

※宿泊費から鑑みて&ボクの主観での評価です。

mini hotel Centralの基本情報

住所 38 號 Ice House St, Central, Hong Kong
Email Stay@minihotel.hk
IN・OUT チェックイン 14:00 | チェックアウト 11:00
クレジットカード VISA/Mastercard/AMEX
ネット環境 館内Wi-Fi無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。