Travelodge Sukhumvit 11 – トラベロッジ スクンビット|バンコク・ナナ駅徒歩圏!ジム・プール完備の快適ホテル

トラベロッジ スクンビット


今回はチェンマイ・バンコクを5日間で旅行してきた際のホテルレポートです。
バンコクには一泊のみだったので、動きやすさ重視で交通の便が良いアソーク〜ナナエリアで宿泊先を探していたところ、2018年オープンの新しいホテルを発見!

海外旅行には定番のホテル予約サイト「Booking.com」上でクチコミ評価が高いことも確認して予約、宿泊してきました。

1. Travelodge Sukhumvit 11のアクセス

トラベロッジ スクンビットはスカイトレイン(BTS)のNana駅が最寄りです。それでも徒歩10分弱はあるので、暑い日(ほぼいつも)は駅まで出るのが大変かもしれません・・・。ただしホテル前には無数のタクシー、トゥクトゥク、バイクタクシーが通りますので、お財布が許せばそのどれかを使ってもよいですね。

また、それだけ駅から離れているからこそ、騒音に悩まされるようなことはありませんでした。駅から離れていると言っても、ホテル周辺にはバービアやレストランがあり、24時ごろまでは明るく人通りもあります。ボクも観光からの戻りが深夜になりましたが、危ない雰囲気は感じませんでした。

ホテル外観

これがトラベロッジ スクンビットの外観です。皆さんも思われるでしょうが、初見の印象は「電線すごいな・・・」でした(笑)バンコクの街中では珍しい光景ではないものの、やたらとゴチャゴチャ見えてしまいますよね。

ホテル外観

2. チェックイン

ホテル車寄せの様子

トラベロッジ スクンビットは通りから内部に入るかたちで車寄せが用意されています。ホテル自体、フロント + 客室のある棟とレストラン・ジム・プール + 客室のある棟に分かれていて、車寄せを中心にロの字型をしているイメージでしょうか。

ホテルエントランス
ホテルエントランス

フロントは通りから入ってきて奥側の棟。入ってすぐ右にフロントデスク、左にはツアーデスクがあります。2018年オープンなだけあり、中に入るとバンコクの中級ホテルとしてはとても綺麗で、真新しい印象を受けます。

フロントのロゴ

14時チェックイン開始のところ、ボクは12時ごろに到着してしまったものの、フロントに立ち寄ったらそのままチェックインしてもらえました。このあたりは海外のホテルの方が柔軟な対応をしてくれることが多い気がしますね。(もちろん今回は特別と釘は刺されましたが・・・)

THE LODGE
ホテル館内

客室はフロントのある棟とは違う方だったので、一度外に出て車寄せの反対側の棟に移り、エレベーターで客室へ向かいます。 エレベーターを降りてからの雰囲気も明るく清潔でした。

廊下の様子
1601号室

3. 客室の様子

客室の様子

さっそく入室!正面に大きな窓があるのでとても明るい!

トラベロッジ スクンビット

今回予約したのはこちらのスーペリアダブルルーム。新しいのはもちろん、良い意味でアジアっぽくないセンスの良さを感じます。

客室の様子

ベッドメイクも非のつけどころなしで、シーツもとても清潔です。

客室の様子

枕元には両サイドともコンセントがあるので、2名利用でも同時に使えて便利。電気パネルもあり、いちいち立ち上がらなくとも消灯・点灯できますね。

客室の様子

ベッドの足元はこんな感じ。一人で利用するには十分すぎるほど広々としたスペースです。このスーペリアダブルルームは26平米とゆとりある設計で、フリースペースが多く取られていました。

客室の様子

無料のミネラルウォーターが2本に、コーヒーやティーパックも用意されていました。

客室の様子

冷蔵庫も割と容量大きめのものが用意されていました。

客室の様子

金庫はデスクの引き出しに収納されていました。

客室の様子

ドライヤーもやや小ぶりですが用意されています。バスルームの外にあったのでちょっと探してしまいました・・・。

客室の様子

ベッド脇のリビングスペースも広く、ここで食事を取ったり、スーツケースを広げてもゆとりのある空間です。テーブルやチェアのデザイン、使い勝手もいい感じ!テーブルは2人で食事をしようと思ったらちょっと狭いかも・・・?

客室からの眺望

客室からの眺望はこんな感じで、特に良いとは言えませんね。客室の位置にもよるかもしれません。窓が大きく日当たりがよいのはグッドポイント!

バスルーム

バスルームがこちら。バスタブはなくシャワーブースのみでしたが、タイの中級ホテルではむしろこれがスタンダードだと思うので気になりませんでした。

バスルーム

シャワーブースも清潔で、白基調のデザインも明るくおしゃれ!レインシャワーが付いていて、水圧も十分な強さだったので使い勝手がよかったです。

バスルーム

シャンプーとシャワージェルは備え付けで用意されています。

バスルーム

洗面周りは壁一面の大きな鏡があり、朝の身支度はしやすいです。ただし、周囲にコンセントが見つからず、ここでドライヤーが使えなかったのは残念。

アメニティ

無料のアメニティはコットンパッドと綿棒、シャワーキャップ、サニタリーバッグの3点です。歯ブラシが用意されていないのは不便かも。タイのホテルでは珍しくはないですが、歯を磨きたいと思った時に気づくとちょっとガッカリ・・・。

コンビニ(たしかファミリーマート)がトラベロッジ スクンビットに隣接してあるので、購入しに行くことになりました。

トイレ

トイレはシャワーの付いているスタンダードなタイ式のものでした。

4. 館内の様子

館内案内

館内はWifiが無料で使用できます。カードキーホルダーにID&パスワードが記載されているので確認しましょう。

また、館内のフロントとは違う棟側にプールとジムがあります。プールは午前7時〜午後10時まで、ジムは24時間オープンと営業時間がけっこう長い。ホテルにゆっくり滞在するなら利用してみてもいいですね。

ジムの様子

ジムの様子はこのような感じ。本格的なウェイトトレーニング用のマシンがいくつかと、ランニングマシンやストレッチ用のマットなどがありました。

プールはオープンエアで、バンコクのビル群に囲まれた中で泳げるのでおすすめです!それだけ利用する人も多く、時間帯によっては少々混雑しますが、営業時間が長いので空いている時間で利用できるとなおいいかも。

朝食

朝食は1階にあるレストラン「The Lodge Restaurant」でビュッフェが提供されています。メニューはほぼ洋食で、味は悪くありませんが特筆するほどでもない・・・。

ホテル周辺は繁華街なので、BTSナナ駅方面に向かって歩いて地元の食堂を利用してみるのも良いかもしれませんね。

5. Travelodge Sukhumvit 11のまとめ

トラベロッジは香港や韓国、マレーシアなど、アジア各国に展開するホテルチェーンということもあり、サービスや設備のクオリティが安定しているのがグッドポイント。海外の中級ホテルだとスタッフによって対応がまちまちということもありますが、トラベロッジ スクンビットではそういった心配はなさそう。

また、開業からまだ日が浅い新しいホテルなので、設備・客室も綺麗で使い勝手がよかったです。客室の作りもゆとりのある設計で、海外からの観光客を受け入れる前提のホテルなのだろうなと思いました。

ジム・プールといった館内で楽しめるアクティビティもあるので、長期滞在でタイ観光の拠点とするのにも向いているホテルです。

Travelodge Sukhumvit 11のまとめ
今回の宿泊費・・・約7,174円

立地・アクセス・・・★★★☆☆
付帯施設   ・・・★★★★☆
客室     ・・・★★★★☆
清潔感    ・・・★★★☆☆
サービス   ・・・★★★★☆

※宿泊費から鑑みて&ボクの主観での評価です。

Travelodge Sukhumvit 11の基本情報

住所 30, 9-10 Soi Sukhumvit 11, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
電話番号 +66 2 491 3999
公式HP https://www.travelodgehotels.asia/hotel/travelodge-sukhumvit-11/
IN・OUT チェックイン 14:00 | チェックアウト 12:00
クレジットカード VISA/AMEX/JCB/Mastercard/Discover/Union Pay/Diners
ネット環境 館内Wi-Fi無料
館内設備・サービス ルーフトッププール(7:00〜22:00)/フィットネスジム(24時間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。