Aspira Sukhumvit(アスピラ スクンビット)|バンコク・ナナ駅至近のホテルはアクセス抜群で一人旅におすすめ!

客室全体画像


モッシュ
「英語ができないホテルマン」モッシュです!
今回はバンコクきっての繁華街「ナナ」エリアのホテルに宿泊しました。アクセス抜群な反面、女性やファミリーにはおすすめできない点も・・・。

12月中旬、シフト調整により降って湧いたように三連休をGET!
こういうこと、シフト制の仕事をされている方はたまにあったりしますよね。

年中海外に行きたい欲にまみれているボクは、すぐさま航空券をチェック(笑)

年末のハイシーズン前でまだ航空券・ホテルともにそれほど価格が上がっていなかったので、格安航空券の比較サイト「Skyscanner(スカイスキャナー)」でバンコクへのAir Asiaの直行便を予約しました!

12月のバンコクは乾季にあたるので、気温は25〜28℃程度で過ごしやすいです。
雨もほとんど降らず、観光にはベストシーズンですね!

今回の滞在で2泊した「アスピラ スクンビット」をご紹介します!

1. 立地・アクセス

「アスピラ スクンビット」はBTS(スカイトレイン)ナナ駅から徒歩約1分。Sukhumvit soi 7/1に位置しているホテルです。

先が行き止まりになっている細い路地なので、少し分かりづらいかもしれません。(ボクが乗ったタクシーのドライバーは自信満々に通過してくれました・・・)


今回はLCCを利用しての格安旅。
スワンナプーム国際空港ではなくドンムアン空港に深夜2時到着しました。

ドンムアン空港のタクシー乗り場は24時間営業しているので、深夜便到着でもバンコク市内への足は確保できます。
タクシーで高速も使って約45分程度でナナ駅まで出ることができました。

かかった料金は300バーツ程度(空港乗り入れ料 + 有料道路料込)です。

通常、ドンムアン空港からバンコク市街に出ようとするとほぼ確実に渋滞するため、1時間前後はかかると見ておくほうが良いかと思います。

ごらんの通り、BTS ナナ駅からはすぐ近く!

外観は大通りからは目立たないので、見逃さないように注意が必要です。

Sukhumvit soi 7/1の入り口には日本でもおなじみのファストフードチェーン「SUBWAY」があるので、ボクは滞在中の目印にしていました。

2. 館内の様子

エントランスにはドアマン兼セキュリティのおじさんがおり、近づくと迎え入れてくれました。

入ってすぐ左手にフロントがあり、その奥に狭いですがロビーがあります。

フロントスタッフは日本語NGでしたが、簡単な英語だけでもチェックイン・チェックアウトには支障ありませんでした。パスポートを渡せばスムーズに手続きしてくれます。

今回はExpediaでの事前決済だったので支払いはありませんでしたが、ミニバーがあるからか、デポジットとして500バーツを求められました。

チェックインが済むとカードキーを渡され、客室フロアへ。

ホテルフロア画像

廊下はまずまず清潔ですが、どこからともなく「ゴーーーーッ」という重低音が・・・。

客室に入ればそれほど聞こえない程度ではありましたが、物音に敏感な方は気になるかもしれません。

3. 客室情報

今回は一人旅なのでExpediaからダブルベッド1台の「スーペリアルーム」を予約していました。

ところが、チェックインしてみるとベッドが2台・・・。

ボクはベッドタイプには特にこだわらないので何も言いませんでしたが、希望がある方は事前に伝えておいた方が安心ですね。

実はホテルが勝手にシングル・ダブル → ツインに振り替えていることはよくあること。曜日や料金によって特定の部屋が売れ残ってしまう場合、下位のお部屋を完売しても売り続け、グレードアップと称して余っている部屋に振り替えてしまうのです。
客室全体画像
「スーペリアルーム」(ダブルベッド1台)のはずが、「ツインルーム」に・・・。

「ツインルーム」は約20平米でゆとりある広さ。

ベッドがくっついたハリウッドツインなので、カップル・夫婦での利用にもよさそうです!

客室
ベッド周りにコンセントや照明スイッチが集まっていて便利!

スーツケース1個を広げられる荷物台や、2人掛けのソファーもあり、狭い印象は受けませんでした。

枕元にコンセントもあるので、充電しながらの調べ物もOKです!

バスルーム

バスタブはありませんでしたが、清潔なシャワースペースは水圧・水はけともに十分でした!

ただし、トイレとの間に扉やカーテンがないので、気がついたら辺りが水浸しなんてことにならないよう注意が必要です。

バンコクの中級ホテルでは珍しくありませんが、トイレにウォシュレットは付いていません。

4. アスピラ スクンビット のまとめ

バンコクで同価格帯のホテルには設備が極端に古かったり、清掃がひどかったりすることがありますが、アスピラ スクンビットは潔癖でなければ気にならないレベルでした。

BTS ナナ駅至近という立地・アクセスのGoodポイントがあり、かつ快適・清潔に過ごせるホテルという観点では十分合格だと思います。

アスピラ スクンビットのおすすめポイント
  • BTS ナナ駅に近く、バンコク観光の拠点として使える
  • バンコクきっての繁華街「ナナ」エリアでナイトライフも充実!
  • 日本のビジネスホテル並みの設備・客室で快適ステイ

アスピラ スクンビット 基本情報

住所 131/40-41 Sukhumvit Soi 7/1 Sukhumvit Road, Klongtoey Nua, Wattana Bangkok 10110
電話番号 +66 (0) 2 050 5077
Email Aspira7@aspirahotelsandresorts.com
公式HP https://www.aspirahotelsandresorts.com/aspira-sukhumvit/
IN・OUT チェックイン 14:00 | チェックアウト 12:00
クレジットカード VISA/Mastercard/Diners/JCB
ネット環境 Wi-Fi無料
今回の宿泊費 5,986円/泊

アスピラ スクンビットがあるSukhumvit soi7/1にはバーや風俗店もありました。女性一人やファミリーでの宿泊にはあまり適さないかもしれません。
ボクも体格のいいレディボーイにがっちり腕をつかまれて、ちょっと怖い思いをしました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。