【西高山】香港観光の穴場!絶景大自然スポットへハイキング|個人&半日でも行ける!ヴィクトリアピークからの行き方&注意点

西高山頂上


1. 西高山(High West)とは

香港の絶景といえば、ヴィクトリアピークにあるピークタワーからの香港の街並みが定番ですよね!

100万ドルの夜景というのが何の誇張でもないくらいの素晴らしい眺望です。

これが目当てで香港旅行を考える方も多いのではないでしょうか。

ですが、実はそのピークタワーよりさらに見晴らしの良いところから香港の街並みを眺望でき、人も少ない穴場的絶景スポットがあるのです。

それが西高山の観景台! ……あまり聞いたことないですよね?(笑)

西高山は周りを遮るものがないことに加え、ピークタワーとの位置の違いもあって周囲を360度見回せるから、香港島の反対側までも一望することができる絶景スポットなんですよ。

2. 西高山へのアクセス

ピークタワー周辺から西高山までは、休憩や現地で眺望を楽しむ時間を含めると、徒歩で往復約2時間

ゆっくり行っても3時間あれば十分だと思いますので、香港市街から訪れる場合にも半日見ておけば大丈夫!

西高山への道は「モーニングトレイル」という遊歩道として整備されていて、登山装備でなくても問題なく歩くことができます。

最後に頂上に向けて石段を登るので靴はスニーカーなどがいいと思いますが、軽装でも問題ありません。

まずはヴィクトリアピークへ!

西高山を目指すには、まずピークタワーがあるヴィクトリアピークまで登る必要があります。

ヴィクトリアピークへのアクセスとして最も人気で定番なのが「ピークトラム」、ヴィクトリアピークを登るためのケーブルカーですね。

登山途中の景色も良く、観光客に大人気の「ピークトラム」ですが、その分とても混雑し、乗車まで1〜2時間待つこともザラにあります。

限られた旅行の時間を無駄にしたくない方は、ツアー・アクティビティ販売サイト「KKday」でピークトラムチケットを予約しておくのがおすすめ!

MTR中環(セントラル)駅で集合なので道に迷う心配もなく、チケット購入に並ぶ必要もなく、おまけに往路は優先乗車できるというメリットづくめ。

片道/往復も選べるので、帰りはバスを検討している方にも使いやすいです。

香港旅行でヴィクトリアピークを訪れる方は事前に確認してみてくださいね!

3. モーニングトレイル(Morning Trail)

モーニングトレイル

まずはピークタワー前の広場からモーニングトレイルに入り、ランニングやトレーニングをしている地元の人たちに混じって歩きます。

緑が多く、ちょっとした運動器具も設置されているので、地元の人たちには体を動かすのにちょうどいいコースなんでしょうね。

盧吉飛瀑

途中で滝を見ることができたり、自然に囲まれて歩くのでそれほど長くは感じませんでした。

モーニングトレイル
モーニングトレイル

それらしいレンガ作りの塀が見えてくるものの、そちらに進んでもただの休憩スポットがあるだけで何もありませんでした。なんやねん。

モーニングトレイル
西高山頂上への石段

気を取り直してさらに進むと、ベンチだけが設置されている空き地へ。

そこから先に西高山観景台への石段が伸びています。

4. いざ頂上へ!

頂上への石段はある程度整備されていて登りやすいのですが、けっこうな段数がありました……。

普段はデスクワークで体力不足のボクは、途中休み休みでないと登れませんでした。

とは言え健脚の方ならなんら問題ないでしょうし、体力に自信のない方でも悪路では無いから時間をかけて登っても大丈夫。

注意点としては、ピークタワー周辺より風が強く吹いていて冷えるので、ウインドブレーカーなどの防寒着があるといいかもしれません。

また、帽子など飛ばされかねないものは持たないか、カバンにしまうこと。

西高山頂上
西高山頂上

徐々に周りの木々が減っていき、階段を登りきるとそこは頂上です!

待っているのはまさに絶景!

ヴィクトリアハーバーはもちろん香港島の反対側まで、360度見渡すことができます!

西高山頂上

香港島の両側を同時に見ることができるのはとても不思議な光景で、まさに香港の頂上にいるんだなと感じることができました。(実際には香港最高峰ではない)

上の写真はiPhoneでパノラマ写真として撮影したものです。

西高山観景台
西高山観景台
西高山観景台

実はこの日は悪天候だったため雲が多く、ピークタワー展望台からの見晴らしは最悪の視界ゼロでした……。

そんな中でも西高山からはこの景色です!

ピークタワーより一段高い分、視界がクリアでちゃんと景色を楽しむことができました。

ヴィクトリアピークから離れているため穴場スポットになっており、実際山頂に滞在していた20分ほどでボクの他には二組みの観光客にしか遭遇しませんでした。

ゆっくりと香港の絶景を楽しめる西高山へ、時間がある人はぜひチャレンジしてみてくださいね!

5. 西高山へ登る際の注意点

ここに気をつけて!

  • 遮るものがなく、風がとにかく強い
  • お手洗いが道中にないので事前に済ませること
  • 明かりが少なく、暗くなってからは危険

西高山は他より一段高い分、ヴィクトリアピークと比べても風が強いです。

帽子などは飛ばされかねませんので、あらかじめ持っていかないか、カバンにでもしまっておきましょう。

また、西高山への道のりの途中にトイレはありませんでした。

ヴィクトリアピークを出る前に、ピークタワーのお手洗いで用を足しておいた方が安心です。

最後に、西高山周辺は灯りが少ないです。

帰り道が遅くなると石段を下るのも危険が伴うので、明るいうちに訪れるのをおすすめします。

西高山のまとめ

 ロケーション
往復2〜3時間をどう考えるか…

 見どころ
ピークに劣らぬ絶景!

 一人でも楽しめる?
道中長い、グループだとなお良し

 オススメ度
絶景を満喫できる穴場スポット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です