ベトナムNo.1チェーン「ハイランズコーヒー」|ハノイの湖畔でベトナムコーヒーを気軽に体験!

外観


モッシュ
「英語ができないホテルマン」 モッシュです!
今回はベトナムの主要都市や空港で必ずといっていいほどよく見かけるコーヒーチェーン「ハイランズコーヒー(HIGHLANDS COFFEE)」に行ってきました!

1. ベトナムのコーヒー文化

日本は世界でも上位のコーヒー消費国なんだそうです。
たしかに、海外旅行に行くとコーヒーチェーンってあまり見かけませんが、日本にはたくさんのコーヒーチェーンが展開していますよね。日本発だとドトールやベローチェ、サンマルクカフェなどがメジャーでしょうか。

それだけコーヒーが好きな日本ですが、コーヒー豆を栽培するには適さない気候なので、コーヒー豆はほぼ輸入に頼っています。

コーヒー豆というと、よく聞くのは南米産やアフリカ産。ですが、実はそんな南米やアフリカの国々に混じってベトナム産のコーヒー豆も多く輸入されているんだそう。

ベトナムはフランスの植民地だった時代が続いたため、コーヒーの文化が根付いており、コーヒー豆の栽培も盛んなのです。ベトナムの街を歩いていると、あちこちの小ぢんまりとしたカフェでベトナム人たちがコーヒーを飲みながらのんびりしているのをよく見かけました。

2. 「ハイランズコーヒー」とは

ハイランズコーヒー(HIGHLANDS COFFEE)はベトナムのスタバといっても過言ではないほど浸透している、ベトナムきってのコーヒーチェーン。

日本には進出していないものの、ベトナムでは2019年1月時点で80店舗以上を展開しており、ベトナムの主要都市や空港ではかならず見かけました。

コンデンスミルクを入れるのが特徴的な、いわゆる「ベトナムコーヒー」だけではなく、カプチーノやエスプレッソのようなスタンダードなメニューもあるので、誰でも気軽に利用できます。

3. ハノイの店舗に行ってみた

外観

今回行ってきたのは西湖(タイ湖)に浮かぶこちらの店舗です!
船のかたちを模した外観でとってもおしゃれ!

暗くなるといっそう綺麗に見えますね!

ちょっとした橋を渡って入店(乗船?)します。

入って目の前のカウンターで注文。ここまでは日本のチェーンカフェと同じです。

注文からの流れが日本とちょっと違う

注文を済ませると、このような機械を渡されます。

・・・・・・どこかで見たことありません?

そうです、フードコートで注文したときに受け取るブザーです(笑)

ハイランズコーヒーでは、注文したメニューができるとブザーが鳴るため、再度カウンターに行って受け取る必要があります。注文後にあんまり遠くの席に座るとめんどくさいので、カウンター近くで待ってたほうが良いかもしれません。

せっかくなので、見晴らしの良い2階のテラス席へ。

南国っぽいインテリアとゆとりのある座席で、地元のベトナム人や観光客がのんびり寛いでいました。

4. ベトナムコーヒーの味は・・・

今回はせっかくなのでコンデンスミルク入りの「ベトナムコーヒー」を注文。真ん中のMサイズでお値段は160円ちょっとと、大変リーズナブルでした。

肝心の味のほうはというと・・・・・・めちゃくちゃ甘い。

ようは練乳入りなので甘いのは当然といえば当然なのですが、もはやコーヒーというよりはコーヒー風味の練乳くらいに甘いです!

人によって好みは別れるところでしょうが、少なくとも喉の渇きを潤すのにはまったく向いていないと思います。ボクは氷をせっせと溶かして、薄めながら飲み切りました。

あとあと調べてみると、そもそもベトナムコーヒーはホットだろうがアイスだろうが、ゆっくり時間をかけて飲むものだそう。飲み物というより、お菓子とか嗜好品に近いものといった感じでしょうか。

喉が乾いているときにはおすすめできませんが、日本ではなかなか味わう機会もないので、ベトナムに来たらぜひ試してみてください!

5. ハイランズコーヒーの基本情報

ハイランズコーヒーはホーチミン、ハノイ、ダナンといった主要都市や空港には複数の店舗を展開しています。公式HP(英語 or ベトナム語のみ)で手軽に店舗検索もできるので、ベトナムへ行かれる際にはぜひチェックしてみてください!

ハイランズコーヒー公式HP:https://highlandscoffee.com


今回行ったハイランズコーヒーは・・・・・・
DU THUYỀN店
住所 9 Thanh Nien, Quan Thanh Ward, Ba Dinh District, Hanoi
電話番号 (024) 3715.1821
その他 クレジットカード利用可/Free WiFi完備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。