【四平街番茄牛肉麺】トマト牛肉麺が目玉!台北ローカル食堂は地元カップルにも大人気|松江南京駅から徒歩約4分


ボクは台湾料理の定番と言えば牛肉麺(と小籠包)、というイメージを持っていましたが、今回はそんなステレオタイプな価値観をぶち壊そうというロックなお店「四平街番茄牛肉麺」に行ってきました。

この食堂の一押しは台北でもあまり見かけない「番茄牛肉麺」、つまりトマト牛肉麺

今回はそんな観光客にもローカルにも人気な食堂をご紹介します。

1. 四平街番茄牛肉麺へのアクセス



「四平街番茄牛肉麺」MRT松江南京駅7番出口から徒歩約4分の場所にあります。

松江南京駅には緑色の松山新店線と黄色の中和新蘆線が停車するので、台北のどのエリアに滞在していても訪れやすいと思います。

四平陽光商圏

こちらの「四平陽光商圏」は日中歩行者天国になり、主に女性物の衣類を多く扱っている商店街です。

地元の方で賑わい、観光客にはあまり認知されていない通りですが、実は美食が多いエリアでもあります。

この商店街を抜けていくと……

四平陽光商圏

あれ……?商店街が終わってしまいました。

どこかで道を間違えたか、いやでも駅から一度曲がるだけで着くはずなのに……などと考えながらもう少し進んでみると。

四平街番茄牛肉麺

無事に今回のお目当て「四平街番茄牛肉麺」を発見できました!

MRT松江南京駅から向かうと、商店街を抜けた次のブロックにあるのでご注意ください。

看板にはトマトが描かれているので、店名を覚えていなくても気づけるでしょうね。

2. 店内の様子

店内の様子

開店直後だったのでボクが一番乗り!

日本語は通じませんでしたが、観光客慣れしているのか、メニューを渡され、好きな席に着くよう促されます。

一人がけのテーブルはなかったため、混雑したら相席もありそうでした。

店内の様子

どれにするか考えている間にも続々と地元のお客さんがやって来ますが、ほとんどの方が持ち帰りを選択していました。

印象的だったのは、その多くが若いカップルだったこと。

ローカル食堂といえばおじさんがつきもの(失礼)だと思っていたので、少し意外……。

四平街番茄牛肉麺

看板にも一押しのトマト牛肉麺がデカデカと掲げられています!

ただ、ここ店内なのに何のアピールになるのでしょうか……?

3. メニューと注文方法

メニュー

注文は欲しいものに「正」の字とテーブル番号を書いて、店員さんに渡すスタイル。

日本語メニューはないので、食べたいものが決まっている方はあらかじめメモしてくるのがおすすめです。

定番の「番茄牛肉麺」は一番左上に書いてありました。

4. トマト牛肉麺を実食!

四平街番茄牛肉麺

まずボクが頼んだのはお店一押しの「番茄牛肉麺(トマト牛肉麺)」

一杯150元(約550円)と、相場からすればやや高いものの、旅行雑誌にも掲載されている人気店なので仕方ないと思うことに。

肝心のお味は、トマトのおかげで中華感が薄まり、さっぱりしたスープは万人受け間違いなしでした。

四平街番茄牛肉麺

ゴロゴロと大きな牛肉のかたまりがたっぷり入っているのはもちろん……

四平街番茄牛肉麺

麺は台湾でも珍しい「刀削麺」です!

刀削麺を使った牛肉麺は初めて出会いましたが、コシがある麺は牛肉&トマトのダシが出たスープと相性抜群。

一般的な牛肉麺と比べてボリュームも多く、これ一杯でも大満足!

牛肉炒餅

トマト牛肉麺で若干満腹感を覚えていたものの、ローカルのお客さんが続々持ち帰っているメニューも気になり、追加オーダー。

それがこの「牛肉炒餅」、一皿 95元(約350円)です。

アップで撮っているので分かりづらいですが、こちらもかなりのボリューム。若いお客さんが多いのはこれが理由かもしれませんね。

牛肉炒餅

牛肉を使ったソース風味の野菜炒めに、「刀削麺」が加わったシンプルなメニュー。

ほんのり香ばしく、すでに満腹だと思っていたのに箸が止まりません!

牛肉炒餅

刀削麺のおかげでお腹に溜まるので、これ一品でも十分かも。

個人的にはトマト牛肉麺よりこちらの方が好みでした。

量もたっぷり

この二品を頼むなら、二人以上いた方がいいですね。二品揃うとけっこう壮観!

セルフゾーン

店内奥にはセルフコーナーがあり、衛生面が気になる観光客向けか、割り箸も用意されていました。

5. 四平街番茄牛肉麺のまとめ

観光客にはやや縁遠い松江南京エリア、ローカルな食堂ですが、MRTの駅から徒歩4分とアクセスは良好。

料理はかなりボリューミー、刀削麺を使った料理はいずれも絶品でしたので、間違いなくおすすめできるお店でした。

四平街番茄牛肉麺の基本情報

店名 四平街番茄牛肉麺
住所 10491台北市中山區四平街93號
営業時間 月~土曜 11:00〜14:00 17:00〜20:00
定休日 日曜日
電話番号 02-2509-0220
ホームページ(Facebook) https://www.facebook.com/%E5%9B%9B%E5%B9%B3%E8%A1%97%E7%95%AA%E8%8C%84%E7%89%9B%E8%82%89%E9%BA%B5-111077402239327/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です