U.I.J Hotel & Hostel|2017年オープン!台南観光に便利&共用スペースもお洒落なホステルにステイ


台湾もようやく涼しくなってきた11月、有給休暇を使って台湾南部の街「台南」へ遊びに行ってきました。

今回は一人旅ということもあり、宿泊先には「U.I.J Hotel & Hostel」というホステルを選択したのですが、想像以上にお洒落&快適だったので紹介していきたいと思います!

1. U.I.J Hotelへのアクセス



U.I.J Hotel & Hostelは台南市街中心部、周辺に寺院や遺跡、有名レストランといった観光スポットの多いエリアに位置しています。

台南の観光拠点としては申し分ない立地と言えますね。

一方で、台鉄・台南駅からは少し離れており、歩いても行けないことはないですが、バスを使うのがベター。

台南市内には地下鉄がありませんので、市内での移動手段は徒歩(or 自転車)、バス、タクシーに限られます。

バス路線図

今回、ボクは台南駅前から出ているバスを利用しました。

駅前からは多くのバスが出ており、自力で目的のバスを見つけるのは大変かつ時間ももったいないです。

そんな時は台南駅改札を出てすぐ脇にある観光案内所に聞いてみましょう。

少し日本語を話せる方がいらっしゃり、ホテル名を伝えると路線図を見ながら説明してくれました。

最後は外に出て発車場所も教えてくれるなど、とっても親切!

バスに乗車

異国でのバスはハードルが高いようにも感じられますが、台南市内のバス運賃は一律18元(子供半額)なので、運賃はいくらだろうと迷う心配がありません。

また、台湾ではICカードが普及しており、旅行者でも簡単に入手できます。

主に台北で使われている悠遊カードも利用できるので、台湾に着いたらまず入手しておくといいかも!

現金の場合は乗車時に支払いになります。

ICカードで支払う場合は乗車・下車どちらのタイミングでも運転席脇にあるICカードパネルにタッチするだけ。

バス停

今回は2番のバスに乗り、最寄りのバス停「西門・友愛街口」まで約15分



バス停からU.I.J Hotelまでは、さらに3分ほど路地裏の道を歩いたところにあります。

看板などは出ていなかったですし、私道のような雰囲気のところも通ったのですが、治安が悪いようなことはありませんでした。

外観

比較的高い建物が少ない台南では、かなり目立つ外観。

少し遠めからでも気づくことができました。

2. U.I.J Hotelにチェックイン

ロビー

エントランスの扉を開けると、カフェのような、図書館のような、なんだかお洒落な空間が広がっています!

実はこのU.I.J Hotel & Hostelは、ホテルとホステルと本・雑貨屋とレストランが一つの建物に詰まった複合施設。

ロビー

盛りだくさんすぎて訳がわかりませんが、1階のホテルロビーに当たる部分は本屋も兼ねているのです。

写真で一部だけを切り取ると、素敵なブックカフェのような雰囲気。

ロビー

置いてある書籍は旅行系、料理系のものが多かったように思います。

宿泊しながら次の旅行先に思いを馳せるのも良いですね!

ロビー

この辺りの本の一部は自由に手に取って読むことができるようでした。

中国語だけでなく、英語・日本語の本もあるようです。

ロビー

フロントカウンターはエントランスを入ってすぐ右手。

お洒落な制服のスタッフさんが迎えてくれますが、それほど愛想は良くなかったかも……。

とはいえ、日本語こそ通じないものの、英語は問題なく、対応もとてもスムーズ。

ちなみにチェックインは15時からですが、事前の荷物預かりもOKです。

まずはチェックイン時に精算を済ませます。

ルームキー&本

チェックインが完了すると接触式のカードキーをもらえるのですが、お洒落な革製のカードキーケースに入れて渡してくれます。

また、宿泊者ごとに異なった本を一冊貸してくれるのも嬉しいサービス!

日本人には日本語の本を貸してくれるらしく、ボクが借りたのは川島 小鳥さんの「愛の台南でした。

ガイドブックとしての使い勝手という点では難がありますが、何より台湾、台南への愛が溢れる素晴らしい本でしたので、興味があればぜひ手に取ってみてください!

台南に行きたくなること間違いなしです!

3. ホステルに宿泊

エレベーターホール

カードキーを受け取ったら、フロントの脇にあるエレベーターから上に上がりましょう。

館内図

3階はホステルに加えて共用のサロンやキッチン、テラスがあり、滞在客はチェックイン後、このフロアで寛いでいることが多いようです。

4階もホステルのみですが、もしかしたら女性専用フロアかもしれません。(ボクが泊まったのは男女共用でした)

5階より上はホテルエリアのようなので、個室に宿泊=高層階ということになりそうですね。

エレベーターホール

3階のエレベーターホールがこちら。

大理石調で、1階とは雰囲気が違いますね。

館内案内

館内案内のサインもお洒落ですが、正直このサインではほとんど何もわかりませんでした……。

共用スペース

エレベーターホールを出てすぐ左に曲がると、「Hostel →」という電光のサインが出ています。

この写真だと光でぼやけてしまって良く見えなくなっていますね。

ホステル

こちらがホステルエリアです。思っていたより広い!

ゴミ一つ落ちておらず、換気もしっかりされていて、とても清潔でした。

入り口はしっかりオートロックなのでセキュリティは万全。

ホステル

一つ一つのベッドの入り口には番号が書かれており、カードキーの番号と一致していますので、自分のベッドを見つけましょう。

ちなみに、ベッドを囲んでいる布は、生産地として有名な台南の帆布だそう。

触り心地が気に入ったら、お土産に台南帆布グッズを探してみるのも良いですね!

ホステル内部

ドミトリーの中の様子。

コルクボード調の壁に囲われていて、柔らかい雰囲気が良い感じ。

布団、枕はふかふかで寝心地も良さそう。

ホステル内部

枕元にはこちらも木製の棚が三段。

貴重品はロッカーに入れた方が良いと思いますが、小物や本、スマホを置いておくのにはちょうど良かったです。

ホステル内部

棚の下にはコンセントとUSBのポートが一つずつ。

コンセントはちょっと刺さりが悪く、充電器が気がついたら抜けてしまうことがありましたが、どちらも問題なく充電はできました。

ホステル内部

足元にはちょっとしたフックが付いていました。

フェイスタオルが1枚用意されていますが、他にタオルは用意されていないので、これ一枚でシャワーを済ませる必要があります。(フロントに頼めば貸してくれるかもしれませんが)

シャワールーム&トイレ

シャワーブース&トイレ

ドミトリーの入り口とは反対側にある扉の先に、シャワーブース&トイレがあります。

クチコミで混雑するという意見がちらほらありましたが、ボクが使ったタイミング(朝6時)では誰もいませんでした。

シャワーブース&トイレ

シャワーブースは全部で7つほどあったと思います。

落ち着いたシックな雰囲気で、格安ホステルにありがちなかび臭いもしません。

シャワーブース&トイレ

シャワーブースの中も清潔そのもの。

シャワーブース&トイレ

脱衣スペースは広くないものの、衣類を置ける台はありました。

シャワーブース&トイレ

シャワーブース内にはシャンプー&ボディソープのみ。

使い勝手自体は悪くありませんが、不足を感じる人は持参したほうが良いですね。

シャワー自体は水圧、温度ともに何も問題はなく、とても快適に浴びることができました。

シャワーブース&トイレ

シャワーブース内に無料で用意されているアメニティはほとんどありません。

カミソリや櫛など、有料で用意されているものもあるようですが、最低限は自分で持ってくるのが良いでしょう。

シャワーブース&トイレ

ドライヤーは二台のみなので、これはシャワーブースよりも混雑しそう。

それにしても袋までお洒落ですね。

シャワーブース&トイレ

ドライヤーはTESCOMという聞いたことのないメーカーでしたが、使い勝手は抜群でした。

シャワーブース&トイレ

試供品なのかわかりませんが、香りの違うシャワーオイルが4種類あったので、ちょっと試してみました。

シャワーブース&トイレ

同じ空間にはトイレもあり、男女同じになりますが、数は不足しなさそう。

4. 充実の共有スペース

共用スペース

こちらは3階にあるサロンとキッチンです。

洒落たレストランのような雰囲気で、ここで夕食、朝食を食べている人たちも多かったです。

キッチンにはお茶も用意されているようで、特に夜は賑わっていました。

共用スペース

サロンスペースには床に座るタイプの座席も多く用意されています。

なぜか囲碁が用意されており、真ん中にあるテーブルで対戦することもできます。(台湾だから普通なのでしょうか?)

共用スペース

サロンからは外のテラスに出ることもできます!

夕方の涼しい風が気持ち良く、ここで寛いでいる人たちもいました。

共用スペース

素敵なウッドチェアや……

共用スペース

丸テーブルをクッションで囲むテーブルもあったり。

他にソファなども置かれていて、席はだいぶ多いので、どこにも座れないということはなさそうでした。

共用スペース

ボクもウッドチェアに座って休憩。

台南は11月でも寒いということはなく、心地よい秋風に吹かれながら、チェックイン時に借りた「愛の台南」を読んで過ごしました。

共用スペース

夜になるとライトが点灯し、どこか幻想的な雰囲気に。

おそらく常時開放されているようで、飲食をするのも問題ないようです。

5. セットメニューの朝食

レストラン

朝食は1階のレストランで提供されていました。

ボクは事前に予約していなかったので朝食券を持っていませんでしたが、その場で支払うことで食べることができました。

レストラン

朝食は上のメニュー表の通り、セットメニューとなっています。

ボクは鮭おにぎりに少しそそられるものの、ボリューム重視でクラブサンドウィッチを注文。

朝食

飲み物はセルフサービスで、ジュースやコーヒーに加え、台湾朝食の定番「豆漿」も用意されていました。

ボクは豆漿そのままだと豆の風味が強すぎて苦手なのですが、そこに紅茶をブレンドすると飲みやすくなるのでよくやります。

健康にも良いので、皆さんもぜひ試してみてくださいね!

朝食

待つこと5分前後でクラブサンドウィッチがでてきました!

卵とハムとトマトというシンプルな具材のみのサンドウィッチですが、サクサクの出来立てでとても美味しかったです。

サラダも付いているのでバランスも悪くないですね。

6. U.I.J Hotelのまとめ

共用スペース

U.I.J Hotel & Hostelのまとめ

今回の宿泊費・・・NT$750(約2,740円)

 ロケーション
観光&グルメスポットに近くて便利!

 清潔感
ホステルとは思えない清掃クオリティ

 お得感
共用部の豪華さがハンパない

 日本語は通じる?
ほぼ通じないが、外国人観光客慣れしている

 オススメ度
ホステルとは思えない満足度!!

U.I.J Hotel & Hostelの基本情報

住所 700台南市中西區友愛街115巷5號
電話番号 +886 62 218 188
公式HP https://uij.com.tw/
IN・OUT チェックイン 15:00 | チェックアウト 11:00
クレジットカード JCB/VISA/MasterCard/AMEX/銀聯
ネット環境 館内Wi-Fi無料
館内設備・サービス レストラン/共用サロン/共用キッチン/共用テラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です