上諏訪の温泉宿・布半(ぬのはん)|諏訪で初めての天然温泉宿は客室から湖上花火大会も鑑賞できるGoodロケーション!

ぬのはん外観


長野県のちょうど真ん中あたりに位置する諏訪湖は、毎年8月に開催される湖上花火大会や、冬季に発生する「御神渡り」現象などが有名ですね。また、湖の周囲には上諏訪・下諏訪温泉や諏訪大社などが点在し、年中旅行者の訪れる一大観光エリアでもあります。

今回はそんな諏訪湖の湖岸にある温泉宿「布半(ぬのはん)」に宿泊。花火大会の時期ではないけれど、風光明媚な諏訪湖畔でゆっくり過ごすのはリフレッシュのよい機会でした。

1. 布半のアクセス



「布半」は諏訪湖岸、諏訪湖畔公園野外ステージのすぐ裏に建っています。諏訪湖に出るのに道を一本渡るだけの好立地!当然、湖上花火大会も布半の客室(一部)から鑑賞することができてしまいます。そのため、花火大会の期間は翌年まで予約が埋まっていることもザラ。

上諏訪駅

ボクは布半へ新宿から電車で行ったので、最寄りの「上諏訪」駅までJR中央本線特急を利用しました。新宿駅、また名古屋駅からは直通でどちらも約2時間半の距離。

大阪・京都方面からの直通はなく、一度名古屋で乗り換えをする必要があります。

諏訪湖方面へ

上諏訪駅を出ると「諏訪湖方面」と「諏訪 高島城方面」の標識が出ています。布半は諏訪湖の湖岸にあるので、「諏訪湖方面」に進みましょう。

出入口は2つあり、出入口1から出た場合には左、出入口2から出た場合には右に進むことになるので注意が必要かも。

ちなみに徒歩で布半を目指すと徒歩約8分。ですが駅の目の前はロータリーなので、夜が遅かったり、荷物が多い場合にはタクシーを使った方がよいかもしれません。

ぬのはん外観

布半の外観がこちら!・・・暗くてよく分かりませんね(笑)

今回、到着時間が22時を過ぎてしまい、すでに諏訪湖も見えないほど暗くなってしまっていました。元々夕食は無しのプランにしていましたが、遅くなる場合は念のため宿に連絡を入れておいた方がいいでしょう。

エントランス前には駐車場がありました。車で来る場合には中央自動車道・諏訪ICが最寄りで、そこから下道で15分程度走ると布半です。

2. 館内の様子

フロント

エントランスをくぐると左側にフロントがありました。この時間なので、ボク以外のお客さんは皆無・・・。

ぬのはん瓦版

フロントの脇には「ぬのはん かわら版」が!地元の方目線の観光・グルメ情報を仕入れるのに役立ちます。

日帰り入浴

さらに日帰り入浴用の券売機もあります。

浴衣レンタル

フロントの反対側には浴衣の貸し出しサービスもありました。色も柄も豊富に揃っており、きっとお気に入りの一着が見つかると思います!

ロビー

チェックインを済ませたら、フロントの方にエレベーターまで見送っていただき客室へ向かいます。

布半の歴史

ディスプレイ

布半は嘉永元年(1848年)の創業で、諏訪市内の今とは違う場所で営業を始めました。現在の場所に移ったのは大正九年(1920年)です。

創業170年を超える老舗温泉旅館であり、これまで数々の著名人も宿泊してきたそう。古くは作家の太宰治や島崎藤村、昭和の大スターである美空ひばりや三船敏郎までもが布半に泊まってきたのだとか!

ちなみに少し変わった「布半(ぬのはん)」という名称は、初代・藤原半助が呉服商を営んでいて「布屋半助」と呼ばれていたのが短くなったためだそうです。元々は呉服商だったからこその名前なのですね。

3. 客室情報

客室入り口

今回の客室は2階。布半は客室からの眺望が見どころの一つですが、直前の予約なうえ、到着も深夜なのでやむを得ないですね・・・。

お部屋は諏訪湖側にある和室 10畳「夢屋敷」です。老舗旅館ですが、この「夢屋敷」は2015年にリニューアルされており、とても綺麗でした。

テーブル&イス

設えや家具もどことなくモダンな雰囲気。

半助さんまんじゅう

茶菓子には可愛らしい「半助さん」まんじゅうも!

浴衣&大浴場セット

押入れの中には浴衣と大浴場へ持っていけるアメニティセットが用意されていました。大浴場へは浴衣で行けるので、温泉旅館の雰囲気を味わえますね。

浴衣を着慣れていない人でも、帯の結び方の案内も用意されていたので安心。

大浴場セット

中にはタオル、ボディタオル、歯ブラシの三点セット!

バスタブ

温泉宿なので客室のお風呂を使う方は少ないかもしれませんが、ユニットバスとはいえなかなか使い勝手は良さそうでした。湯船も大きめ。

洗面所
ドライヤー

小っちゃいながらドライヤーも用意されていました。

トイレ

客室のトイレはこんな感じ。清潔だし、ウォシュレットももちろん完備。

4. 天然温泉の大浴場

全館ごあんない

深夜ではありましたが、温泉宿に来て温泉に入らないなんてもったいない!ということで、すでに日付が変わっているのも気にせず大浴場へと向かいます。

全館図を見て大浴場を探します。思っていた以上に広く、ちょっぴり地図の前で茫然としてしまいました(笑)

大浴場入り口

なんとか大浴場の入口に辿り着きます。

岩盤浴

大浴場の脱衣所手前には岩盤浴「浮宿(うきね)」があります。このときはすでに深夜1時で営業終了していました。利用は完全予約制ということなので、興味のある方はフロントに相談してみましょう。

大浴場
注意事項

男女でお風呂は入れ替え制。午前0時~1時は入れ替え作業、午前10:00~午後12:30は清掃作業で大浴場は利用できないので注意しましょう。

逆に言えば、それ以外の時間は利用できるということなので、けっこう営業時間は長い気がします。

大浴場入り口

脱衣所に入るとやはりこの時間なので、完全貸切状態。

脱衣カゴ

脱衣所にはカゴの他に貴重品用の小さなロッカーもあるので、ルームキーなどはそちらに預けるようにします。

内湯

この時間の男性側は「鯛の湯」でした。こちらの内湯と、もう少し小さい露天風呂が1つあります。

布半の温泉は肌に優しく、美人の湯として知られるアルカリ性単純温泉。低刺激かつ無臭なので、肌が弱い人でも長く浸かっていられるのは嬉しいポイントですね。

外湯

脱衣所から直通の露天風呂はこのような感じ。和のお庭が目の前に広がり、心置きなく寛げる空間です。貸切状態だったので、なおさらのんびり過ごすことができました。

洗面所

風呂上がりには脱衣所に用意されたウォーターサーバーで水分補給!洗面台は3台のみですが、アメニティは充実していました。

マッサージルーム

温泉の近くにはマッサージルームがあります。数台のマッサージ機が置いてあり、セルフで使用するスタイル。風呂上がりのマッサージは気持ちよすぎて止めどきがわからなくなります(笑)

5. 朝食の様子

朝食会場

朝食会場はチェックインの際に指定されるので、時間になったら移動します。

朝食

朝から盛りだくさんの和食を頂くことができました。

朝食

小鉢にも地元の野菜などがふんだんに使われています。

豆腐

こちらはその場で火にかけて固める豆腐!できたての豆腐を食べるのは初めてでしたが、特性の酢醤油で食べるととっても美味でした!

コーヒー

食後にはテイクアウト可能なコーヒーが用意してあります。昨晩は到着が遅く睡眠不足だったので、ありがたく頂いて帰りました。

6. 布半のまとめ

お土産やさん
館内のギフトショップには地元の銘菓が揃う

諏訪湖の目の前にある布半は、このエリアではベストと言える立地の旅館。客室から観覧できる花火大会の日はもちろん、それ以外でも客室によっては諏訪湖を臨むことができます。

上諏訪駅からのアクセスも良好なので、諏訪湖周辺を観光するならおすすめ!

もちろん温泉旅館なだけあり、アルカリ性単純温泉の大浴場も快適でした。朝も入ることができるので、時間のある方は入れ替え制の2つの大浴場をどちらも利用してみてもいいですね。

布半(ぬのはん)のまとめ
立地・アクセス・・・★★★★★
付帯施設   ・・・★★★★☆
客室     ・・・★★★★☆
清潔感    ・・・★★★★☆
サービス   ・・・★★★★☆

※宿泊費から鑑みて&ボクの主観での評価です。

布半の基本情報

ディスプレイ
住所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り3丁目2−9
電話番号 0266-52-5500
公式HP http://www.nunohan.co.jp/
IN・OUT チェックイン 15:00〜18:00 | チェックアウト 10:00
クレジットカード JCB/VISA/Mastercard/AMEX/UC/DC/NICOS/ダイナース/UFJ/セゾン
ネット環境 館内Wi-Fi無料
館内設備・サービス 大浴場/岩盤浴/ギフトショップ/浴衣レンタル/ツアー手配/カフェ etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。