【大發 – DAEBAK】台湾・十分のオシャレ雑貨屋でおみやげをゲット!|駅近だから列車待ちにもおすすめ

漁師バッグ


新北市に位置する十分は、天燈(ランタン)上げで日本人観光客にも人気の町ですよね。

定番観光地「九份」とセットで訪れる人も多いのではないでしょうか。

ボクも猴硐猫村・九份とセットで十分を訪れましたが、列車待ちの時間が長くなり十分老街をブラブラすることに……。

今回はその中で見つけたオシャレ雑貨屋さんを紹介します!

1. 十分とは

十分の吊り橋

十分(シーフェン/Shifen)は台湾の新北市に位置しており、台鉄平渓線の十分駅があります。

台湾では天燈(ランタン)に願い事を書き、空に飛ばすことで願いが叶うとされており、十分では一年中この天燈上げを体験できることで有名。

十分駅は列車の通過しないタイミングでは線路上に立ち入ることができ、天燈上げも基本的には線路の真ん中で行われています。

線路沿いには飲食店やお土産屋が両脇に並んでおり、列車が道すれすれを通過するのも見どころのひとつですね。

ここに気をつけて!

天燈上げは悪天候時には中止されてしまうことがあります。

天燈上げ目当てで行く場合、天気予報は必ずチェックしておきましょう。


1-1. 見どころはランタンだけじゃない

十分瀑布

日本人観光客にとって「十分」と言えば天燈(ランタン)上げですが、十分にはそれ以外にも見どころがあります。

特にボクの周りの台湾人は「十分と言えば十分瀑布だろ」と、ランタンよりも台湾最大の滝である十分瀑布を推してきます。

静安吊橋

その他にも、十分駅舎の目の前にある「静安吊橋」など、見た目も景色も異なった吊橋が点在しています。

時間にゆとりのある方は、ぜひ他の見どころも回ってみてくださいね!

2. 大發(DAEBAK)への行き方

十分老街

今回ご紹介する雑貨屋さんの「大發(DAEBAK)」は、十分駅舎を出て左に続く十分老街の中にあります。

線路を挟んで左右に店が立ち並んでいますが、「大發」は線路の右側。

線路
線路を渡った後の図

駅舎を出て少し進むと線路上を渡って反対側に行くことができます。

列車が来ないことを確認しつつ、どこかで反対側に渡ってしまいましょう。

大發の外観

そのまま線路沿いの飲食店やお土産屋を覗きながら歩くこと数分。

真ん中にあるのが、今回行った雑貨屋さんの「大發(DaeBak)」です!

上の写真だと右の方に十分駅舎があります。

何気なく通り過ぎたときに外観が素敵だったので、引き返して突入しました。

大發の入り口

十分老街には老舗というか、見た目が古いお店が多い中、大發は新しくセンスの良さも感じられるお土産屋さんでした。

明るく入りやすい雰囲気だったので、さっそく入って見ることに。

3. 大發(DAEBAK)のおすすめ土産

漁師バッグ

入ってすぐのところにディスプレイされていたのは、台湾みやげの定番ともいえる、通称「漁師(網)バッグ」です。

台湾では昔からお買い物に使われてきた、いわば伝統のエコバッグ。

漁師バッグ

「大發」では一般的なトートタイプの漁師バッグだけでなく、リュックタイプにアレンジされたものなど、形・サイズとも品揃えが豊富!

漁師バッグというと台北の問屋街「迪化街(ディーホアジェ)」で購入できるのが有名ですが、そちらに行く予定がない方はここでゲットするのもあり?

ドリンクホルダー

こちらも台湾女子がよく使っているのを見るドリンクホルダー。

これらは大發の手作りだそうで、店員さんが少し自慢げに説明してくれました。きっと自信作なんでしょうね!

ちなみに店員さんは日本語が少し話せて、それぞれの商品説明をしてくれましたが、かと言ってそれほど積極的な営業でもなく。

トートバッグ

こちらはタピオカモチーフのトートバッグですね。

オリジナル商品なのかはわかりませんが、どちらも台湾ならでは感があってお土産向きかも!

パズル

こちらは珍しい試験管のようなケースに入ったジグソーパズル。

ほとんどの柄は台湾関係ありませんでしたが、上の写真左にディスプレイされている九份のパズルは可愛かった!

一本200元(日本円で約700円)と価格もお手頃。

ハンカチ

壁には台湾が描かれたハンカチが。手書きの古地図風なデザインがオシャレ!

マグネット

個人的に気になって最後まで迷ったのはこのレトロなマグネット!

デザインも素敵だし、バラマキ土産にもいいかも。

ボクはけっきょく家に冷蔵庫がないことを思い出して止めましたけどね……。

ペンケース

ボクが購入したのはこちらのペンケース(380元:日本円 約1,300円)です。

台湾でかつて使われていた文具がレトロ調に描かれているところが気に入って即決!

ペンケースは他にもデザインやサイズがたくさんあり、お気に入りがいくつもできてしまって困りました…。

4. 大發(DAEBAK)のまとめ

十分は天燈上げを目当てに訪れる方が多いですが、実は30分もあれば終わってしまうイベントでもあります。

列車本数の少ない十分では、待ちぼうけすることもよくあること。

そんな時間を台湾旅行のオシャレなお土産探しに使えたらいいですよね。

今回ご紹介した「大發(DAEBAK)」は駅からすぐの十分老街にあるので、ちょっとの隙間時間で行って帰ってくることができるのもグッドポイント!

皆さんも十分に行く際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

大發(DAEBAK)の基本情報

店名大發(DAEBAK)
住所新北市平渓區十分街106號
電話番号02-24958168

5. 悠遊カードの準備はOK?

悠遊カード

台湾旅行に行くならぜひ持っておきたいのが悠遊カード(Easy card/悠遊卡)

MRT(地下鉄)やバスはもちろん、街中での買い物や台湾鉄道(台鉄)でも利用できるので、これを持っていない台北市民はいないと言っても過言ではありません。(台湾第二の都市 高雄ではiPassという電子カードが流通していますが、相互利用が可能です)

台北MRTの駅はもちろん、街中のコンビニでも購入することができますが、個人的にはツアー会社のプラン経由で空港受け取りにしておくのがおすすめ。

空港に到着してすぐに旅行を始められるので、貴重な時間を節約することができます。

台湾発のオプショナルツアー会社「KKday」では、空港で悠遊カードを受け取れるプランが充実!

直前での予約も可能なため、出発前日でもチェックしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です