【十分瀑布】十分駅から歩いて台湾最大の滝へ行ってみた!|行き方と注意点まとめ(写真付きガイド)

十分瀑布


台湾旅行で最近知名度が上がってきている「十分」ですが、多くの方は天燈(ランタン)上げを体験しただけで帰ってしまうと思います。

しかし、台湾人から言わせるとそれはとてももったいないこと!

台湾人同僚に「十分に行ってきた」と言うと、かなりの確率で「ああ、あの滝があるところね!」と返ってくるくらい、台湾では有名な滝「十分瀑布」があるのです。

今回はそんな観光客には見逃されがちな穴場スポットに歩いて行ってきたので、行き方や注意点をシェアさせていただきます。

1. 十分瀑布へのアクセス



十分駅から十分瀑布までは、徒歩で約30分の距離

十分駅からの主な交通手段としては、①徒歩、②タクシー、③レンタルバイクの3つがあります。

レンタルバイクは駅前の「十分老街」で借りることができますが、借りるまでの手続きなどを含めると、徒歩と所要時間はそれほど変わりません。

時間・体力がある方は徒歩、ない方はタクシーがおすすめ。

ここに気をつけて!

Googleマップだとビジターセンターから先、遊歩道〜十分瀑布の時間が含まれていないようです。

徒歩の場合、往復+見学でトータル1時間半はかかると見込んでおくのが良いでしょう。

2. 十分瀑布へ徒歩での行き方

2-1. 十分駅から十分老街まで

十分駅

十分駅舎を出ると右手に線路があり、その線路に沿って飲食店やお土産屋が連なる「十分老街」があります。

まずはその十分老街に沿って、ひたすらまっすぐ歩きましょう。

静安吊橋

十分駅舎の向かいには、ランタンと並んで十分観光の定番である「静安吊橋」があります。

十分には天燈(ランタン)上げの他にも、フォトジェニックなスポットがいくつもありますので、時間がある人はそちらを巡るのもおすすめ!

基隆河

【十分フォトジェニックスポット】天燈(ランタン)だけじゃない!台湾最大の滝もある十分の魅力を紹介

2020年3月15日
十分老街

こちらが十分老街ですが、まだ午前9時頃ということもあってほとんどのお店はクローズしていました。

十分老街が途切れるあたりで、線路の右側と左側(駅舎側)で道が別れてしまいますが、どちらを行っても問題ありません。

所要時間もさほど変わりませんし、また合流することになります。

十分老街

ボクは駅舎から出てひたすらまっすぐの左側ルートを選択。

2-2. 十分老街を抜けてからビジターセンターまで

ビジターセンターへの道

十分老街を抜けた後もひたすらまっすぐ進みます。

途中ほとんど何もないので不安になりますが、上を高架が走っていれば方向は間違いありません。

ビジターセンターへの道

十分駅からまっすぐ進んで10分前後すると、T字路に出ます。

ここではややこしいことに、「←十分瀑布」という看板と、「十分瀑布公園→」という看板が出ていました。

左に行く看板はどうやら飲食店か何かのもののようで、正解は十分瀑布公園へ向かう右の道なのでご注意ください。

ビジターセンターへの道

そのまま道に沿って進むと逆Y字の道に出ます。

線路をまたぐことになるので、ここで十分老街の右側から続く道と合流することになります。

上の写真中央のハートを目印に、左へ曲がってください。

ビジターセンターへの道

ここからは「十分風景区」に入り、さらに自然が多いエリアへと入って行きますが、お手洗いはこの先何度かありましたのでご安心を。

ビジターセンターへの道

一本道はやや上り坂でしたが、それほど傾斜もきつくないので登りやすいです。

ビジターセンターへの道

橋を渡りきった先にはビジターセンターが見えてきます。

ビジターセンター

こちらがビジターセンター、思っていたより立派な建物でした。

お手洗い

ここにはお手洗いや……

カフェスペース

カフェもあり、十分瀑布への遊歩道に入る前に一休みしてもいいですね。

ちなみにここも朝10時前にはオープンしていなかったように思います。

荷物預かり

カフェでは有料(大:100NTD 約370円・小:50NTD 約185円)で荷物も預かってくれるようです。

遊歩道

ビジターセンターの脇から続く下りの階段を降りると、十分瀑布までの遊歩道に入って行きます。

2-3. 遊歩道から十分瀑布まで

四廣潭橋

ビジターセンター脇の階段を降りると、「四廣潭橋」という吊橋があります。

なかなか長い吊橋で高所恐怖症の方にはハードルが高いかもしれませんね。

四廣潭橋

景色も良いですし、十分駅前の静安吊橋よりは頑丈そうに見えたので、安心して渡ってください!

遊歩道

橋を渡りきったら、右手にある階段を降りて、道なりに進みます。

遊歩道

しばらくすると、また吊橋……。

遊歩道

今度は階段を登ります。

滝

吊橋の左手にはやや大きめの滝が!

これが「十分瀑布」なのかと思いましたが、落差10mもありませんし、他の観光客もスルーしていたので違うと判断。

観瀑昂橋

気を取り直して、二つ目の吊り橋である「観瀑昂橋」を渡ります。

観瀑昂橋

吊り橋と並行して線路が走っており、タイミングが良ければ(悪ければ?)真横を列車が通過することもあるよう。

遊歩道

吊り橋を渡り切ったら階段を降ります。

遊歩道

もともと石炭業が営まれていたのか、石炭が積まれたトロッコのディスプレイがありました。

遊び場

十分のある新北市が管理していることもあり、子供の遊び場のようなスペースも整備された公園になっています。

お土産屋

お土産屋や串焼きなどの屋台を横目に、公園の奥へと進んでいくと……。

十分瀑布

十分瀑布が見えてきます!

十分駅からここまで、特に寄り道せず30分弱で到着です。

3. 十分瀑布を鑑賞

十分瀑布

見てください!この大迫力を!

十分瀑布」落差約20m、幅約40mと、カーテン型としては台湾で最大の滝。

十分瀑布

実は滝上部をコンクリートで補修し、水量を調整してあるそうです。

それにしても凄まじい水量と迫力です!

十分瀑布

滝壺も滝に合わせてラージサイズ。

高さ20m以上あるのに、上まで水しぶきが届いていました。

十分瀑布

観瀑台は何層かになっており、いろいろな角度で滝を見ることができます。

十分瀑布

近いとやはり迫力は段違い。

十分瀑布

高いところで見ると、40mもある幅がよくわかりますね。

3-1. 鑑賞ルートもおすすめ

十分瀑布

さらに奥に進むと、滝の鑑賞ルートも整備されていました。

十分瀑布の地図

上の地図だと、左側から来ることになります。

鑑賞ルートは滝からの距離は離れてしまいますが、滝の正面から鑑賞することができます。

十分瀑布
①からの眺め
十分瀑布
②からの眺め

階段が多いものの、滝の違った表情を楽しめる鑑賞ルートもぜひ利用してみてください!

4. まとめ&注意点

十分瀑布

今回は十分駅から十分瀑布まで歩いて行きましたが、特に中間地点のビジターセンターから十分瀑布まではアップダウンが多く、運動不足のボクにはまあまあきつかったです……。

とはいえ、台湾の自然を間近に感じられるのも確か!

時間と体力がある方は、ぜひ徒歩で台湾最大の滝「十分瀑布」にチャレンジしてみてくださいね!

十分瀑布のまとめ

 ロケーション
近くはないが、気軽に見学できる

 見どころ
台湾最大の滝は必見!

 日本語は通じる?
会話の機会はほぼないが、基本通じない

 一人でも楽しめる?
家族連れが多いが、問題ない

 オススメ度
時間はかかるが、行く価値あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です