【超簡単!】Booking.comで日本でのフェリー宿泊予約がスタート|大阪 – 北九州をお手軽に船旅できるように!

フェリーイメージ


1. Booking.comで大阪 – 北九州間を優雅に船旅!

みなさんは大阪と北九州を行き来するなら何を使いますか?

新幹線を利用される方が多いかもしれません。ボクもそうです。
時間優先!飛行機で時短旅をされる方もいますよね。

そんななか、海外旅行では定番の予約サイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」が大阪 – 北九州間のフェリーを宿泊&2食付きプランで販売することになりました!(2019/1/15から受付開始)

フェリーで宿泊というのはイメージがつきにくいかもしれませんが、夜に出航し、翌朝には目的地に着いているという点で寝台列車や夜行バスに近い感覚で使えそうです。

しかも今回Booking.comで予約受付しているのは「名門大洋フェリー」の二等洋室のキャビンルーム!一般的なカプセルホテルのようなキャビンに、しっかり手足を伸ばせるベッドがあるので快適です。

大浴場も付いているから、夜行バスでありがちな、着いたときには体があちこち痛い・・・なんてこともありません。

実はもともとこれまでも運行されていたフェリーなのですが、日本でもここ数年でグッと知名度を上げたBooking.comで予約がスタートしたことで、船で瀬戸内海を旅する選択肢も人気を博すかもしれませんね!

公式HPからの予約も可能ですが、使い勝手の良さが売りのBooking.comなら予約も簡単なのでおすすめです。

Booking.com

2. フェリーの航路&見どころ

気になるフェリーの航路ですが、大阪から北九州へは「大阪南港」北九州から大阪へは「北九州新門司港」から出発。

それぞれの港を結ぶ直行便となります。
どちらから出発しても瀬戸内海を通るルートは同じ。

2-1. 運航ダイヤはこちら

★新門司港発
1便 17:00発 → 翌日朝 05:30到着
2便 19:50発 → 翌日朝 08:30到着

★大阪南港発
1便 17:00発 → 翌日朝 05:30到着
2便 19:50発 → 翌日朝 08:30到着

明石海峡大橋
明石海峡大橋のライトアップ

そしてこの航路では要チェックの見どころが三つも!

瀬戸内海に架かる「明石海峡大橋」、「瀬戸大橋」、「来島海峡大橋」の「三大架橋」を船上から眺めることができるのです!

特に神戸と淡路島を結ぶ世界最長の吊り橋である「明石海峡大橋」は夜間ライトアップされており、その絶景は必見です。(※通過時間によってはすでに消灯している場合もあるので注意)

2-2. 橋の通過時刻はこちら

1便 新門司港発 1便 大阪南港発 2便 新門司港発 2便 大阪南港発
明石海峡大橋 04:10 18:10 07:10 21:05
瀬戸大橋 00:45 21:35 03:40 00:30
来島海峡大橋 22:30 23:50 01:25 02:50
新門司港発の航路では下から順に通過します!


いつもは新幹線や飛行機であっさり通過してしまう道中も、快適かつロマンチックな眺めも楽しめる船旅で過ごすのは新鮮ですね。

注意事項
  • 2019年1月時点のスケジュールです。
  • 橋を通過する時刻なので、見頃はこの10分ほど前になります。
  • 運航スケジュールの変更により、通過時刻も変更になる可能性があるようです。

3. 名門大洋フェリーを予約するなら

大阪南港

今回Booking.comで予約ができるようになった航路は、名門大洋フェリーの公式HPでももちろん予約が可能です。

同じ日程で空室を検索してみても、今のところ料金に大きな違いはなさそう。

公式HPで予約する場合、名門大洋フェリーの会員登録が必要となるので、その点が面倒という方はBooking.comでの予約が手軽でいいかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。