【函館八幡宮】谷地頭電停すぐ!室町時代から続く函館山の「八幡さん」への行き方|土方歳三を祀る「碧血碑」にも至近

おみくじ


「函館山」といえば日本三大夜景にも数えられる、山頂からの眺望を思い浮かべる人が多いと思います。

函館観光で函館山に行かない人はいないと言っても過言ではないでしょう。

そんな函館山には、地元の人々から今でも信仰を寄せられ、函館の夏の風物詩「函館八幡宮例祭」の舞台にもなる「函館八幡宮」が鎮座しています。

近くにある慰霊碑「碧血碑」を訪れる際に立ち寄ることができたので、この記事では、境内の様子やアクセスなどご紹介していきます。

1. 函館八幡宮とは

函館

「函館八幡宮」は、その成り立ちを室町時代中期の1445年にまで遡る神社ですが、当初から現在地に鎮座していたわけではありません。

当時、函館を治めていた亀田氏が城を築く際、その一角に八幡神を祀ったのが起源とされ、その場所は現在の函館元町・公会堂のあたりと伝わっています。

紆余曲折あったものの、その後、1880年(明治13年)に函館山南東麓に遷座して現在に至ります。

明治時代には蝦夷地開拓の守り神とされ、広く信仰を集めた結果、函館八幡宮から小樽、室蘭、石狩など、北海道各地に勧請されることにもなりました。

現在では航海、漁業の守り神としても信仰され、地元の人々には「八幡さん」として親しまれる神社です。

2. 函館八幡宮へのアクセス



函館八幡宮へは、市中の主要エリアを網羅している「函館市電」を使って行くのが便利です。

JR函館駅から函館市電に乗り、最寄りの電停「谷地頭(やちがしら)」までは30分とかかりません。

ここに気をつけて!

 

函館駅前から市電に乗ろうとすると、二つの路線が走っています。

一方(⑤系統・D)に乗ると谷地頭とは別の方向に行ってしまうので注意!

必ず②系統・Yの路線に乗るようにしましょう。

谷地頭は終点なので見分け方は簡単ですよ!


函館観光を満喫するにはぜひとも活用したい「函館市電」については、路線の見分け方も含めて記事にしているので、事前に確認してみてくださいね。

箱館市電

【完全ガイド】函館市電の路線&乗車方法(現金・ICカード・1日乗車券)解説|箱館観光はレトロ路面電車を活用して楽しもう!

2019年10月14日
函館山

谷地頭の電停で降りると、函館山まで続く一本道があります。

反対側は住宅街なので、どちらに行くべきかは分かりやすいと思います。

函館八幡宮の鳥居

ひたすら真っ直ぐ進むと、函館八幡宮の大鳥居が!

函館八幡宮前

大鳥居をくぐって(歩道だとくぐれませんが……)、後ろを振り向いた図。

緩やかな坂道になっていますが、足腰に負担がかかるほどではありません。

函館八幡宮

こちらから社殿まで進むことができます。

石段

こちらの石段は残念ながら、足腰にけっこうきます……。

緩やかな坂からのハードな石段、まあまあしんどい。

駐車場

石段の上には駐車場があったので、車でも社殿まで行くことは可能なよう。

足腰の悪い方などはタクシーでここまで連れてきてもらうのもいいでしょうね。

3. 函館八幡宮に参拝

石段と社殿

ボクはせっせと石段を登り続け、ようやく社殿が見えてきました!

社殿

こちらが函館八幡宮の社殿!

函館山の木々に囲まれているので晴天にもかかわらず薄暗いですが、威厳のある佇まいで登って来た参拝者を迎えてくれます。

社殿

この社殿は大正4年(1915年)に竣成したもので、「大正式八幡造」の代表作とも言われているのだとか。

この時は境内にボクしかおらず、風に揺られた木の葉の擦れる音しか聞こえませんでした。静かな神社というのは落ち着きますよね。

社殿前からの景色

社殿の前から振り返ると、なんと遠くには海が見えました!

見えているのは津軽海峡です。(ただし、青森の方は向いていません)

みこし

社殿の脇にある建物の中には、函館市指定文化財の大神輿がありました。

函館市の夏の風物詩「函館八幡宮例祭」は毎年8月14、15日に行われますが、偶数年にはこの神輿が担がれ、市内各所を巡行するそうです。

傘おみくじ

社務所には、少し変わった「傘おみくじ」というのもあったり。

傘おみくじ

10月でも初みくじということになるのかわかりませんが、ボクも2019年最初のおみくじを引いてみたところ、見事大吉でした!

4. 函館八幡宮から碧血碑



函館八幡宮から土方歳三も祀られる慰霊碑「碧血碑」までは、歩いて10分少々といったところです。

碧血碑へは舗装されていない階段を登る必要があり、悪路というほどではないものの、雨や雪のあとはぬかるんで歩きづらいこともありますのでご注意を。

社殿前

社殿と正対した状態で左に進み、分岐を右に行くとスムーズに碧血碑の下まで行くことができます。

函館八幡宮と同様にとても静かな空間で、函館戦争の激戦に思いを馳せることができる歴史スポットなので、ぜひ行ってみてくださいね。

碧血碑

【碧血碑】土方歳三も弔う函館戦争ゆかりの地|冬は危険?歴史スポットへのアクセス&注意点

2019年10月15日

5. 函館八幡宮のまとめ

おみくじ

今回は「碧血碑」に行く途中でたまたま出会ったかたちでしたが、とても良い八幡宮に参拝することができたと思います。

観光客がよく訪れるエリアではないのでゆっくり参拝できますし、函館山麓ゆえに津軽海峡を望めるというのもポイント!

少し行くのが大変で、時間がない人にとって訪れるのが難しいですね。

まとめ

 ロケーション
遠いが、碧血碑とセットなら

 見どころ
社殿&津軽海峡の絶景!

 一人でも楽しめる?

 オススメ度
穴場なので時間がある人はぜひ

函館八幡宮の基本情報

名称 函館八幡宮(はこだてはちまんぐう)
住所 〒040-0046 北海道函館市谷地頭町2−5
電話番号 0138-22-3636
参拝時間 見学自由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です