【マカオ世界遺産巡り①】モンテの砦|エスカレーターで頂上まで楽々アクセス!見どころ&所要時間を解説

モンテの砦からの眺望


2019年2月に世界遺産「マカオ歴史地区」を一日で巡ってきました。
坂道の多いマカオですが、2月は過ごしやすい気温で無理なく散策することができます!

あいにく天気は曇り空でしたが、全部で25ヶ所を歩いて回ったのでご紹介していきたいと思います。(時間の都合や改修中で見られなかったのもありました・・・)

まずはじめは小高い丘の上に建つ「モンテの砦(中国語表記:大炮台)」。
ちなみに、マカオでタクシーの運転手さんに目的地を伝える際は、中国語表記を見せないと理解してもらえないことが多いです。タクシーを使う方はあらかじめ確認しておきましょう!

1. モンテの砦とは

モンテの砦

モンテの砦は17世紀はじめ、イエズス会によって小高い丘の上に建てられた要塞。オランダからの侵略を受けた際には、この要塞から反撃し、撤退させることに成功した歴史があります。

今では軍事施設としての役目を終え、地元の人たちの憩いの場として無料で解放されています。

モンテの砦の大砲

砦の頂上にはかつてのように大砲のレプリカが配置されています。

海側の三方向に向けて配置されており、外敵に備えていた一方、中国大陸側には配置されていなかったそうです。マカオに居住していたポルトガル人の、中国への配慮でしょうか。

2. モンテの砦のアクセス

モンテの砦はマカオでもっとも有名な観光スポットと言っても過言ではない「聖ポール天主堂跡」に隣接しています。セナド広場からも緩やかな上り坂ではあるものの、徒歩10分程度の距離なので訪れやすいかと思います。

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡の目の前に立ち、右を向くと・・・

聖ポール天主堂跡から望む

モンテの砦はすぐ目の前!日本のお城のように石垣が高く積み上げられています。

頂上への階段

奥には階段があり、3分ほど登れば頂上です。それほど険しい階段ではありませんが、砦内には傾斜も多いので歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

遺構

階段の手前では砦の遺構が間近で見られます!

頂上へのアクセスにはエスカレーターが便利

頂上へのエスカレーター

ちなみに、マカオの砦頂上には「マカオ博物館」があります。マカオ博物館の見学客向けにエスカレーターが整備されているので、石段を登るのが辛い方はこちらを使うと頂上まで苦労せずアクセスできますよ。

ただし、このエスカレーターはマカオ博物館の営業時間中しか稼働していません。朝早くや夜に訪問すると、石段で登るしか選択肢がありませんので注意してください。

3. 頂上からマカオを一望

外壁からのぞく大砲

頂上が近くと、壁の合間から大砲が覗いているのが見えてきます。マカオの砦には22門の大砲が設置されているそうですが、砦として機能していた当時の威容を感じられる光景です。

砦への入り口

こちらが砦頂上への入り口。

門をくぐってすぐ、お土産屋さん(朝早くで営業していなかったけど・・・)とトイレがあります。

砦頂上への道

門の先に続く坂道を登ると頂上です。

砦頂上

頂上は整備された広場のようになっており、地元の人たちが運動をしたり、お茶をしていたりと憩いの場となっていました。

マカオ博物館

まだ営業時間前でしたが、マカオ博物館への入り口もあります。大人で15パタカ(約210円 ※2019年2月現在)と入場料はそれほど高くないので、マカオの歴史・文化に興味がある方は覗いてみても良いかもしれません!

頂上からの景色

頂上からはマカオの街が一望できます。低層・中層の建物が周辺には多いので、遠くまで見通すことができますね。

グランド・リスボアを眺める

マカオの名所 グランド・リスボアに大砲が狙いをつけているような写真も撮ることができます。

4. モンテの砦の基本情報

モンテの砦は無料で24時間開放されており、いつでも出入りが可能です。ただし、照明はそれほど多くないので、明るいうちに訪れるのが良いでしょう。

聖ポール天主堂跡や哪吒廟といった他の世界遺産と隣接しているので、フラッと立ち寄れる絶景スポットです。

7:00〜19:00のあいだに行けば、エスカレーターで頂上まであっという間なので、20分もあれば見学できる手軽な世界遺産でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

英語ができないホテルマン。東京都内のチェーンホテルで客室販売業務に従事しつつ、国内・海外をひとり旅。英語ができない&ひとり旅という視点で実際の体験をもとに情報発信中。ホテルマンだからこそ伝えられるお役立ち情報も共有したいと思います。